Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.05.16 Wednesday

長篇D追い込みとブリック練習

0
    朝から長篇Dの追い込み。第十章まで終了、第十一章に入る。のどか屋23のゲラを返送。
    終了後は基本のブリック練習だが、仕事の追い込みで疲れがあるため短い距離で。バイクはときおり突風になる横風でひたすら耐える練習。ラン2.5kmは6分24秒→5分34秒→2分19秒の14分17秒でイメージどおり。サブ4ペースの息遣いをインプットしておく。大井川港(とその先の皆生)は暑さとの戦いになるので、暑熱耐性をつけるためにこの気温でも厚手の長袖で。
    仮眠後の夜も長篇Dの第十一章の続き。それから、短歌アンソロジーの8章。さらに、連作第二話の組み直し作業に着手。
    入浴後は絵画制作。今日はクリムゾンにパーマネントイエローを混ぜたものを塗る。それから、中篇と散文詩集成。

    対LeeLaに三子で快勝、五段に昇進。これは快勝譜だった。しばらくは二子で練習碁を打って対策を練るつもり。
    棋譜再生



    新刊
    『廻船料理なには屋 荒波越えて』(徳間文庫)5月2日

    『さよなら、リコッタ』(電子書籍)4月25日


    近刊
    『兄さんの味 小料理のどか屋人情帖23』(二見時代小説文庫)6月 

    刊行中
    (2018年上半期)
    『悪大名裁き 鬼神観音闇成敗』(コスミック時代小説文庫)3月
    『江戸ねこ日和 小料理のどか屋人情帖22』(二見時代小説文庫)2月
    『決戦、武甲山 大江戸秘脚便』(講談社文庫)1月
    『ふたたびの光 南蛮おたね夢料理(六)』(光文社時代小説文庫)1月

    (2017年下半期)
    『廻船料理なには屋 帆を上げて』(徳間時代小説文庫)12月
    『あっぱれ街道 小料理のどか屋人情帖21』(二見時代小説文庫)10月
    『鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号』(講談社ノベルス)10月
    『聖剣裁き 浅草三十八文見世裏帳簿』(コスミック時代小説文庫)9月
    『諸国を駆けろ 若さま大団円』(徳間文庫)8月
    『桑の実が熟れる頃 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社時代小説文庫)7月
    『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月
    『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎時代小説文庫)6月



    08:03 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2018.05.15 Tuesday

    自主缶詰とスイム練習

    0
      昨日は家で追いこんで長篇Dの第九章まで終了。ポメラにデータを移植して自主缶詰へ。相模線の車中で第十章を起稿。もう一章増やして第十一章と終章で310枚前後になるように構成を練り直す。15時過ぎに相模原のホテルにチェックイン。さらに長篇Dの第十章を進める。朝からずいぶん書いたから今週中の脱稿がようやく見えてきた。今日は第十章の三まで。
      相撲を見てから夜はのどか屋のゲラ。最後まで完了。
      入浴後は短歌アンソロジーの8章。疲れたので早めに就寝。線路に近すぎたから、次は橋本に戻そうかと思う。
      今日は5時半に目が覚めたので仕事。長篇Dの第十章を進める。朝食を挟んでさらに仕事、第十章の六まで書いたところでチェックアウト。その後はバスで横山公園のグリーンプールに向かい、スイム練習。前回と同じ3分サークルでクロールの練習を始めたのだが、混んできたため3本で終了。2分27秒→33秒→29秒。それから、平泳ぎで行ってバタフライで帰る練習。長水路のバタフライは後半が課題だが、意識して息を多く吐くようにしたらわりと楽に泳げた。クロールに戻り、どうしても抜けてしまう2ビートキックの練習。キックが一度も抜けないように泳いだら2分55秒もかかる。ウエットだとなおさらキックが打ちづらいし、プルが主体の泳ぎでよさそうだ。第二クールは背泳ぎ。曲がりはしたが、これまでより楽に長水路を泳げた。もう少し泳ぐつもりだったのだが、めまいがするような気がしたので早めに打ち切る。これは気のせいではなく、更衣室へ向かうときに立ちくらみがしてうろたえる。無理は禁物。
      買い物をして帰宅後はポメラのデータを移植、第十一章のプロットを練る。
      夕食はナポリタン。
      仮眠後の夜は短歌アンソロジーの8章。それから、連作第一話の改稿作業が完了。もう一話、設定を組み直してから新作に取りかかる予定。さらにゲラを仕上げる。
      入浴後は中篇と散文詩集成。

      14:13 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2018.05.12 Saturday

      茅ヶ崎徳洲会病院祭

      0
        早起きして長篇Dの第九章を進める。
        午後から雨予報につき、早めに家族で出かける。先月脳ドックを受診した茅ヶ崎徳洲会病院へ、今日は病院祭で。娘はお菓子のつかみ取りなどで楽しんでいた。
        買い物をして帰宅後は長篇Dの続き。
        ふじくんは久々の検診。体重は3.95キロになっていた。歯肉炎は相変わらずで、引き続きインターキャットで治療することに。いまのところは大丈夫そう。
        仮眠後の夜はゲラを第四章まで。それから、短歌アンソロジーの8章。連作第一話の改稿作業。
        入浴後は絵画制作。今日もクリムゾンを塗る。その後は中篇と散文詩集成。


        今日の棋譜は先月の四子局。これはうまく打てたような気がする。

        棋譜再生

        22:39 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2018.05.12 Saturday

        『兄さんの味 小料理のどか屋人情帖23』初校ゲラ到着と囲碁棋譜貼付

        0
          長篇Dが第八章まで終了、第九章に入る。200枚をクリア、残りはおおよそ100枚。
          『兄さんの味 小料理のどか屋人情帖23』(二見時代小説文庫・6月下旬刊行)の初校ゲラが届きました。千吉が修業に出てから初めての話、今回もいい話に仕上がりました。ご期待いただければと存じます。
          仕事が押しているのに世界トライアスロンシリーズ横浜大会を観てしまう。女子の井出さんは息の長い選手だが、また復活してきた。これで東京の代表になったりしたら凄いと思う。実況の情報によると、リオの金メダリストの女王ジョーゲンセンは出産を経てマラソンに転向するらしい。それであっさり東京で勝ったら驚きだが、ランの力は抜けていたから勝つかもしれない。男子はモーラの走りをとりあえず頭にインプットだけしておいた。
          奥さんがコンサートにつき、二人分軽いものをつくる。胡麻和えのたれをつくり、小松菜をゆでたら娘に一束分食べられてしまった。まあ栄養があるからいいのだが。
          血圧は下がっているのに今日はめまいと頭痛で不調だったのだが、仮眠を取ったら落ち着いた。夜はゲラの疑問点解決作業を終了。それから、短歌アンソロジーの8章、連作第一話の改稿作業。
          入浴後はレシートの整理。不調につきその後は散文詩集成のみ。

          つぶや棋譜を使ったら棋譜の添付に成功。
          昨日の対LeeLa四子局。

          棋譜再生


          09:00 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2018.05.11 Friday

          バイク練習とLeeLaその後

          0
            長篇Dの第八章を進める。来週末は北信越乗りテツの旅、金曜には終了間近のルドン展にも行きたいので、それまでに脱稿できるようにピッチを上げなければ。
            終了後はバイク練習。今季のトライアスロンもほぼ平坦なコースばかりなのだが、来季以降も見据えて坂練も定期的に取り入れることに。今日は横風が強くて下りは怖いくらいだった。都築山のS字の下りはノーブレーキでMax41.4キロ。下ハンじゃないと落ち着かなくなったから慣れてきたのだろう。神社入口からの直線の下りはあまり伸びず。逆に上りは追い風でいい感じで上れた。S字の上りは向かい風で閉口。短いジェットコースター坂を勢いで上る練習も。
            囲碁ソフトのLeeLaには7子まで打ちこまれてから盛り返し、今日は4子で勝って四段に昇格。ベストポジションを教えてくれる指導碁モードが身についてきたような気が。
            夕食のメインはガーリックバター黒酢炒め。どうも味つけがいま一つだったから、次からは控えめに醤油か塩も使うことに。
            仮眠後の夜は短歌アンソロジーの8章、連作第一話の改稿作業。
            入浴後は絵画制作。今日はクリムゾンを塗る。それから、中篇と散文詩集成。






            新刊
            『廻船料理なには屋 荒波越えて』(徳間文庫)5月2日

            『さよなら、リコッタ』(電子書籍)4月25日


            刊行中
            (2018年上半期)
            『悪大名裁き 鬼神観音闇成敗』(コスミック時代小説文庫)3月
            『江戸ねこ日和 小料理のどか屋人情帖22』(二見時代小説文庫)2月
            『決戦、武甲山 大江戸秘脚便』(講談社文庫)1月
            『ふたたびの光 南蛮おたね夢料理(六)』(光文社時代小説文庫)1月

            (2017年下半期)
            『廻船料理なには屋 帆を上げて』(徳間時代小説文庫)12月
            『あっぱれ街道 小料理のどか屋人情帖21』(二見時代小説文庫)10月
            『鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号』(講談社ノベルス)10月
            『聖剣裁き 浅草三十八文見世裏帳簿』(コスミック時代小説文庫)9月
            『諸国を駆けろ 若さま大団円』(徳間文庫)8月
            『桑の実が熟れる頃 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社時代小説文庫)7月
            『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月
            『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎時代小説文庫)6月


            07:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2018.05.10 Thursday

            マスターズ水泳までの長い道

            0
              ゆうべはよほど疲れていたのか10時半に就寝。朝までぐっすり寝たのだがなぜか耳鳴りがする。
              長篇Dが第七章まで終了、第八章に入る。
              買い物から帰宅後は先月のクレジット関係のレシートの整理。
              http://www.masters-swim.or.jp/pdf/entry/2015official_game_masteras/2015_o_jm_2_yoko.pdf
              マスターズ水泳の参加標準記録をチェックしてみる。それによると、現在の泳力が維持されたとすると、80−84歳の区分になったらようやく自由形とバタフライと個人メドレーには参加できるようだ。そのころにはランとバイクは引退しているから、ちょうどいい目標になるかもしれない。
              夕食はパスタと焼きそばのパターン。パスタは油と塩を控える程度で作り方は同じ。ただしナポリタンを増やすことに。
              仮眠後の夜は短歌アンソロジー。7章「変容する世界」を仕上げて8章「奇想の恐怖」に入る。それから、連作第一話の改稿作業。さらに、長篇Rのブラッシュアップ作業に着手。
              入浴後は絵画制作。今日はパーマネントホワイトを少し。その後は、中篇と散文詩集成。

              07:48 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2018.05.09 Wednesday

              岡村桂三郎展と夢の12分台

              0
                長篇Dの第七章を進める。合間に散文詩集成の追加作品候補の選定作業。
                午後から平塚市美術館へ。メインは「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展」のようだが、私のお目当ては「岡村桂三郎展 ―異境へ―」。撮影可につき何枚も撮ったが、暗い異界へ迷いこむような作品の林を縫いながら奥へ進んでいく。これはいいものを観させていただいた。タグチ・アートコレクションのほうはいきなり私の嫌いな奈良美智や村上隆などが飾られていてげんなりしたが、奥のほうには琴線に触れる暗い抽象画もあった。
                続いて平塚市温水プールでスイム練習。第一クールは25mコースが空いていたので、背泳ぎで行って平泳ぎかバタフライで戻る練習。左のプルが改善された背泳ぎはだいぶ安定してきた。第二クールは長水路でクロール。今日は3分サークルでインターバルを10本。2分24秒→23秒→29秒→33秒→31秒→29秒→31秒→33秒→31秒→27秒。落ちそうになってから二回盛り返せたから内容は良かった。これはいい練習になるから今後も採り入れたい。右手の入水角度に手応えがあった。その後はまた25mコースで背泳ぎなどの練習。いけそうな雰囲気だったので、第三クールは25mコースで400m個人メドレーに挑む。まずバタフライは初めから突っこんで3分10秒。背泳ぎは水車のように腕を回すことを心がけ、大幅に記録を短縮する3分31秒。だいぶ疲れてきたが、平泳ぎもハーフキックでピッチを出し、3分50秒でまとめる。この時点で12分台が見えていたからクロールは必死に泳いで2分27秒。夢の12分台の12分58秒でフィニッシュ。初めて完泳したときはよたよたの17分台後半だったから、遅いなりにずいぶん詰まってきた。最後に、これなら大丈夫そうだから、水深2mのゾーンで初めて背泳ぎ。今日は収穫が多かった。
                その後は湯乃蔵ガーデン。休憩所で仕事をしてから湯治。湯上がりに初めて血管測定機をためしてみる。血管年齢は年相応だが、評価は最低ランクのF。やはり血液循環と血管状態は芳しくないらしい。まあ地道に取り組むしかなさそうだ。また休憩所に戻って仕事、短歌アンソロジーの7章「変容する世界」を最後まで書く。


                08:37 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2018.05.08 Tuesday

                長篇C送稿

                0
                  まず長篇Cを送稿。しかし、今月の山はこれからで、あと二冊脱稿して送らなければならない。月末にはロングライドなどの練習に出たいところなのだがどうか。
                  というわけで、長篇Dの第七章。そのうち略号を詰めるつもり。長篇Rは全体的に刈り込んで定稿にすることに。
                  散文詩集成はせっかくだからマイブックル版に収めなかった作品も一部手を入れて収録することに。時間はかかるが、書き下ろしも含めて字義通りの集成になる本にしたいところ。
                  夕食はチャーハン。黒酢を使った薄味にすっかり慣れた。
                  仮眠後の夜は短歌アンソロジーの7章、連作第一話の改稿作業。それから、長篇Rを刈り込む作業の準備。時代小説は40×40でおおよその計算をしているのだが、この作品は20×20の400字詰原稿用紙換算で計算していたようでギャップに面食らったが、改行を地味に減らしていくだけでも減量はかなりできそうだ。



                  07:53 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2018.05.07 Monday

                  木更津トライアスロンエントリー完了

                  0
                    長篇Dの後半のプロットを練り直し、第七章を起稿。いよいよここからが難所。第六章までプリントアウト。
                    それから長篇Cの推敲作業。午前中に完了し、データ訂正作業に移る。
                    正午過ぎ、木更津トライアスロンにエントリー完了。三年連続三回目だが、過去の二回はいたって不本意な内容だった。
                    2016年 3.40.12(スイム46.59、バイク1.52.45、ラン1.00.38)1045位
                    2017年 3.32.41(スイム44.19、バイク1.40.35、ラン1.07.47)1198位
                    一昨年はスイムで迷泳、バイクは強烈な向かい風の餌食になった。昨年は向かい風のバイクを下ハンで乗る練習をし、スイムもそれなりに力が上がったかなと思って臨んだのだが、ワセリンを塗った指でゴーグルにさわってしまってスイムで前が見えず、滑走路で解放感があるバイクの3周目で大暴走して後半とランがぐだぐだになってしまった。それでも、この大会は4時間半制限なので完走にはまだずいぶん余裕があった。ここなら七十歳くらいでも完走できるかもしれない。今年は風にもよるけれど、ペース配分に注意してコースベストを大幅に更新し、低レベルの目標だがあわよくば初の三桁順位を目指したいところ。
                    午後はデータ訂正作業の続き。14時前に完了。
                    買い物から帰宅後は、俳句同人誌の原稿の下書き。
                    夕食は家族に揚げ物。私はサラダと豆腐とところてん。
                    仮眠後の夜は短歌アンソロジーの7章。加藤治郎を見開き書く。それから、長篇Dの前半に付箋を貼りながら読み返す作業。
                    今日の絵画制作は休み。入浴後は散文詩集成。二冊目までデータができたが、集成と銘打っているものの実質は選集になっている。この機会だからいったんカットした作品に手を入れ、名実ともに集成にする方針に換えることにした。あと三十篇くらい追加する予定につき、そのうちNOTEの不定期連載を再開するつもり。その後は中篇を少し。

                    新刊
                    『廻船料理なには屋 荒波越えて』(徳間文庫)5月2日

                    『さよなら、リコッタ』(電子書籍)4月25日


                    刊行中
                    (2018年上半期)
                    『悪大名裁き 鬼神観音闇成敗』(コスミック時代小説文庫)3月
                    『江戸ねこ日和 小料理のどか屋人情帖22』(二見時代小説文庫)2月
                    『決戦、武甲山 大江戸秘脚便』(講談社文庫)1月
                    『ふたたびの光 南蛮おたね夢料理(六)』(光文社時代小説文庫)1月

                    (2017年下半期)
                    『廻船料理なには屋 帆を上げて』(徳間時代小説文庫)12月
                    『あっぱれ街道 小料理のどか屋人情帖21』(二見時代小説文庫)10月
                    『鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号』(講談社ノベルス)10月
                    『聖剣裁き 浅草三十八文見世裏帳簿』(コスミック時代小説文庫)9月
                    『諸国を駆けろ 若さま大団円』(徳間文庫)8月
                    『桑の実が熟れる頃 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社時代小説文庫)7月
                    『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月
                    『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎時代小説文庫)6月


                    07:52 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2018.05.06 Sunday

                    第488回月例湘南マラソン

                    0
                      家族で月例へ。今回は20キロと10キロが復活したが、いつもどおり5キロで。今日も砂が上がっていて走りにくく、気温も高くて伸びず、前回より20秒ほど縮めた程度。五月は子供だけ柏餅をもらえる。ちょうどあと一年で終了なのでできるだけ出るつもり。来月は小学校の運動会の翌日につき、私だけ10キロを走る予定。
                      終了後はテラスモールへ。長篇Dの第六章を進める。ファミレスで食事をして帰宅。
                      仮眠後に長篇Cを最後までプリントアウト。推敲は明日から。それから、長篇Dの第六章を終了。150枚をクリア。
                      夜は短歌アンソロジーの7章、連作第一話の改稿作業。
                      入浴後は絵画制作。今日はイエローオーカーを塗る。その後は中篇と散文詩集成。

                      14:42 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      ▲top