Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.19 Friday

久々の3キロスイム

0
    昨夜は飲酒なしで就寝できた。その後、二度目覚めて少し飲んだけれども、それくらいならちょうど良さそうだ。
    連作の第三話をメール。長篇Cが第八章まで終了、プロットを練り直す。十二章仕立てだから、まだ100枚以上ある。午後は長篇Dの設定を考えながら少し。
    終了後は薔薇園がきれいな平塚総合公園の温水プールで練習。今日の目標は半分が深い長水路でクロールを2000m泳ぐこと。強弱をつけながら第一クールは900m。ベストは2分25秒。第二クールは1100m。だんだん水が重たく感じられてきたが、フォームをチェックしながら泳ぐ。右腕を肩の延長線上に大きく振り出すピッチング泳法は呼吸も楽なので意外に心拍数が上がらないことに気づいたのは収穫。最後の100mは2分45秒。ちょっと落ちすぎ。第三クールは25mコースで400m個人メドレー。バタフライを慎重に入り、左右に曲がる背泳ぎをこらえて平泳ぎにつなげる。壁キックを片側しか使えないこともあって15分10秒にとどまったけれども、まずまずの内容だった。あとはクールダウンして最後に平泳ぎの50mを1分53秒。平泳ぎは前よりだいぶ良くなっている。久々に3キロスイムになった。
    帰宅後は連作の第四話。それから、「南蛮おたね」のゲラの疑問点解決作業を第三章まで。
    入浴後は九九の問題を出してから資料読み。

    今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
    野良猫にも声をかけてやるのが習いになった「おまえは長生きするんだよ」と
    「今日はいいお天気だね」と分骨カプセルをなでる生ある猫をあやすごとくに

    08:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2017.05.18 Thursday

    ブリック練習とトライアスロン・ラン記録

    0
      昨夜も深夜に目が覚めて寝坊。ちょっと対策を考えなければ。
      午前中は長篇C。午後は長篇Dを少し。
      終了後は田園地帯で基本のブリック練習。バイク10劼郎2鵑皺璽魯麈り。前回より1分以上詰めて22分台が出た。作業車が入っていたところもあったから、まだタイムは詰まりそう。クレヨン号も三シーズン目でやっと慣れてきたような気がする(遅い)。ターサージールTS3ワイドに履き替えてラン。今回は遅くとも完走することが目標だったのだが、5分37秒→5分19秒→5分05秒→4分58秒→4分54秒とビルドアップして25分52秒は上出来。
      トライアスロンのラン10キロの記録をチェック(一部はトランジションタイムを含む)。バイクで足を使ったあとの猛暑35℃のランでいきなり大ワースト記録からスタート、やっと55分まで来た。今季は52分台あたりまで詰めたいものだ。
      1 たかはらやまトライアスロン 1.29.05 ワースト
      2 阿武隈川トライアスロン 56.27
      3 たかはらやまトライアスロン 1.18.45
      4 うつくしまトライアスロンinあいづ 1.00.21
      5 川崎港トライアスロンin東扇島 58.34
      6 大井川港トライアスロン 1.03.52
      7 木更津トライアスロン 1.00.38
      8 川崎港トライアスロンin東扇島 55.03 ベスト

      夕食はカレーチャーハン。
      仮眠後の夜は連作の第四話。それから、『きずな酒』のゲラ読み。
      入浴後は娘に九九の問題を出してからゲラを読み終わる。さらに、モニターから戻ってきた連作の第三話を仕上げる。あとは資料読みを少し。
      秘書猫ミーコ姫(1997年7月7日生まれ)の首輪に続いて、最初のおともだちのミミちゃん(1998年3月3日生まれ)の鈴にも秘書猫二号のリコッタ王子のストラップをつける。この鈴はもとはミーコちゃんがつけていた。二匹合わせてもうじき40歳の猫さんたちと一緒に、第二の猫生は長生きするにゃ。

      今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
      悲しみよいちめんの海夕焼けて「天使は逝けり」とだれかつぶやく


      09:12 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2017.05.17 Wednesday

      『涙の米国母焼き(仮) 南蛮おたね夢料理(五)』初校ゲラ到着と秘書猫二号

      0
        ゆうべはあまり眠れず寝坊。長篇Cを進める。
        『涙の米国母焼き(仮) 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社文庫・7月上旬刊行)の初校ゲラが到着。リコッタ王子の命日に終盤を書き、没後に脱稿した長篇がゲラになった。さっそくざっとあたらめて付箋を貼る作業。
        奥さんにリコッタのストラップを追加してもらい、ミーコ姫の首輪とバッグに取り付ける。これで正式に秘書猫二号に。
        終了後はスーパーと銀行へ。サブ口座にアンソロジーの増刷分をプール。
        夕食は久々に昆布と鰹節でだしを引く。メインはジャーマンポテト。
        仮眠後の夜は連作の第四話。きりのいいところまで書いてから『きずな酒』のゲラ読みを第八章まで。
        入浴後は、割り算で苦戦している娘のために今日から九九の問題を出すことに。十問連続で正解したら(持ち時間5秒)お小遣いを100円あげることにした。九九が物足りなくなったら簡単な割り算というふうにステップアップしていくつもり。その後はアンソロジーAとBの準備。ことに短歌のほうが進んでいないので、ゲラが終わったら気合を入れ直さなければ。それから作品Jを少し。

        今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
        おまえの命日に執筆を続けていた小説のゲラが届くまた新たな涙が流れる
        今年で二十歳になるぬいぐるみの首輪に秘書猫二号のストラップをつける
        お供えの声をかける「いっぱい食べて大きなねこさんになるにゃ」と生前と同じく
        猫じゃらしを振ればどこからともなく現れたおまえはきっと妖精だったのだろう


        近刊
        『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎文庫)6月上旬
        『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月下旬
        『涙の米国母焼き(仮) 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社文庫)7月上旬

        新刊
        『開運十社巡り 大江戸秘脚便』(講談社文庫)5月16日
        『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』(宝島社文庫)5月9日

        『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)4月5日
        『クトゥルー短篇集 魔界への入口』(創土社、クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)3月30日
        『京なさけ 小料理のどか屋人情帖19』(二見時代小説文庫)2月25日
        『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房・現代歌人シリーズ)2月14日
        『猫俳句パラダイス』(幻冬舎新書)1月28日
        『花たまご情話 南蛮おたね夢料理(四)』(光文社文庫)1月11日

        刊行中(2016年下半期刊)
        『娘飛脚を救え 大江戸秘脚便』(講談社文庫)12月刊
        『走れ、千吉 小料理のどか屋 人情帖18』(二見時代小説文庫)10月刊
        『若さま大転身 国盗り慕情』(徳間文庫)10月刊
        『母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)』(光文社文庫)8月刊
        『大江戸秘脚便』(講談社文庫)7月刊
        『ほまれの指 小料理のどか屋 人情帖17』(二見時代小説文庫)6月刊
        『包丁人八州廻り』(宝島社文庫)6月刊

        『生きる人 品川しみづや影絵巻完結篇』(言い値書店)3月新刊





        09:25 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2017.05.16 Tuesday

        『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』初校ゲラ到着と海岸ポタリングと

        0
          午前中は長篇C。
          『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫・6月下旬刊行)の初校ゲラが届きました。いよいよ20巻の大台に乗ります。
          午後は長篇Dや連作などを少しずつ。
          終了後は木綿リコッタ号でポタリング。相模川馬入のお花畑→平塚港→茅ヶ崎柳島スポーツ公園建設中→サザンビーチ→ヘッドランド。来春やっと近くに陸上のトラックができるので、バイクでたまに行こうかと思う。サザンビーチのモニュメントはチタン製、いつの日かチタンバイクで来たいものだ。
          仮眠後の夜はさっそくゲラに着手。疑問点を解決し、頭から読む作業に入る。
          入浴後は油絵。明日もう一冊届くからゲラ読みを続け、第三章まで。
          『開運十社巡り 大江戸秘脚便』は本日発売です。『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』ともども、重ねてよろしくお願いいたします。

          今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
          「あれが湘南大橋だよ」と教えながらリコッタとともに走る低速サイクリング
          初めは機嫌よく口ずさんでいたのにだんだん泣けてきた歌「岬めぐり」


          近刊
          『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎文庫)6月上旬
          『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月下旬
          『涙の米国母焼き(仮) 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社文庫)7月上旬

          新刊
          『開運十社巡り 大江戸秘脚便』(講談社文庫)5月16日
          『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』(宝島社文庫)5月9日

          『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)4月5日
          『クトゥルー短篇集 魔界への入口』(創土社、クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)3月30日
          『京なさけ 小料理のどか屋人情帖19』(二見時代小説文庫)2月25日
          『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房・現代歌人シリーズ)2月14日
          『猫俳句パラダイス』(幻冬舎新書)1月28日
          『花たまご情話 南蛮おたね夢料理(四)』(光文社文庫)1月11日

          刊行中(2016年下半期刊)
          『娘飛脚を救え 大江戸秘脚便』(講談社文庫)12月刊
          『走れ、千吉 小料理のどか屋 人情帖18』(二見時代小説文庫)10月刊
          『若さま大転身 国盗り慕情』(徳間文庫)10月刊
          『母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)』(光文社文庫)8月刊
          『大江戸秘脚便』(講談社文庫)7月刊
          『ほまれの指 小料理のどか屋 人情帖17』(二見時代小説文庫)6月刊
          『包丁人八州廻り』(宝島社文庫)6月刊

          『生きる人 品川しみづや影絵巻完結篇』(言い値書店)3月新刊


          08:20 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2017.05.15 Monday

          リコッタ三七日(二十一日目)法要

          0
            長篇Cが第七章まで終了。残りは150枚を切った。プロットを練り直して第八章に入る。それから長篇Dを少し。
            少し走ってから買い物。帰宅後に仮眠。
            夕食は焼きそば。
            夜は連作の第四話。
            19時よりリコッタ王子の三七日(二十一日目)の法要。延命十句観音経を追加。観音経普門品偈を暗唱しているせいか、般若心経で三回詰まってしまう。また出直し。
            それから連作をきりのいいところまで書き、長篇Rの加筆改稿作業。
            入浴後は油絵の準備。それから、中篇のプロットを練り、アンソロジーBの構想づくりをして、作品Jを少し。

            今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
            小説に絵に自転車……夭逝のおまえは複数の新たないのちを生きる
            「リコッタはいま何してるの?」「天国への階段をひょこひょこ上ってるよ」

            11:02 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2017.05.14 Sunday

            中篇「りこくん」構想とリコッタ色塗り着手

            0
              午前中は長篇C。
              午後は家族で買い物。軽めにラン。
              夕食はチャーハン。
              仮眠後の夜は長篇Dを少し書いてから連作の第四話。
              かねてより構想だけあった猫が出てくる短篇のプロットを練り直し、中篇「りこくん」に仕立ててみることに。長篇Hはちょっと書く気力がなくなってしまったため、暇を見てこちらを書こうかと思う。
              入浴後は油絵。リコッタの色塗りに着手。今日は白いところだけ。小さい絵に一枚サインを入れる。タイトルは「ある海景」。初めて黒いキャンバスを使ったのだが、なかなかいい感じ。
              だいぶ放置していた長篇Lのプロットづくり。これも長篇Hより進みそう。それから作品Jを少しだけ。毎日少しずつ書くようにしたい。

              今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
              あっと言う間に無敵になった夭折の横綱りこの富士また本場所が始まる



              09:26 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2017.05.13 Saturday

              海老名あそびランド

              0
                奥さんがミステリーのイベントに出かけたため子守り。長篇Cが第六章まで終了、第七章に入る。
                海老名のあそびパークで子守り。娘のSuicaにはリコッタ王子のストラップが。一時間延長して機嫌よく遊び、フードコートで食事。駅名を暗唱するテツに育った娘は茅ヶ崎駅で相模線の出発を待ち、手を振ってから帰宅。
                帰宅後はポメラのデータを移植してから長篇Rの加筆改稿作業を少し。
                入浴後はクレジット関係のレシート整理。それから書棚をチェックし、俳句関係の本を十冊ほど持ち出す。さらにいろいろオーダーしなければ。

                今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
                いつか笑顔で思い出すだろうたった半年間の黄金の日々
                「リコッタ、電車のおでかけは初めてだね」と娘が言う「ああ、そうだね」と分骨カプセルに触る
                仏壇のLED蝋燭の炎が弱々しくなったから電池を交換するこの命ならいくらでも換えられる
                先月のレシート整理猫関係えさ入院手術代そして仏壇


                08:30 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2017.05.12 Friday

                スイム練習とお経暗唱計画

                0
                  長篇Cを進める。コミュニティバスでも進めて茅ヶ崎市温水プールへ。第一クールは教室使用のため一方通行コースしか使えず。初めはどうもいま一つだったが、50mクロール1分08秒、50mバタフライ1分25秒はまずまず。第二クールは半分教室、半分フリーの配置になったため、背泳ぎで行って他泳法で戻る練習とドリルを反復できた。バタフライと平泳ぎはストリームラインを意識。クロールは肩の延長線上に大きく前へ腕を振り出すことを心がける。今日は体調いま一つだったから断念したが、次はクロールを長く泳ぐ練習をしなければ。
                  お経の暗唱計画を立てる。
                  [暗記したお経]
                  *般若心経
                  *延命十句観音経
                  [いま暗記しているお経]
                  *観音経普門品偈
                  [これから暗記する短いお経]
                  *開経偈
                  *舎利礼文
                  *普回向
                  [これから暗記する長いお経]
                  *大悲心陀羅尼
                  曹洞宗のお経を調べているうち、以上のラインナップになった。大悲心陀羅尼は音楽的で楽しいから暗記したいのだがむちゃくちゃ時間がかかりそう。まあお盆に間に合えば。
                  帰宅後は新たにいただいたお仕事のファイルをつくってから、連作の第四話をとりあえず起稿。それから、『怖い短歌』があまりにも進んでいないので少し。まだまだ長い助走が続く。
                  入浴後はレシートの整理を完了。長篇Hと作品Jを再開して少しだけ。

                  今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
                  王子かもしれぬフェデリコ・モンポウのピアノ曲全集に付いていたこの白い毛は
                  葬送の調べのごとく奏でおり自作自演の老ピアニスト


                  08:33 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2017.05.11 Thursday

                  フォーム改造と連作第三話脱稿

                  0
                    長篇Cが第六章に入る。
                    午後は長篇Dをとりあえず起稿。それから、長篇Eと長篇Fのプロットをざっと完成させる。
                    またフォームを改造。ウエストポーチの分骨カプセルが右手に当たるので上で振るようにしているうちに、Qちゃんみたいに右手でリズムを取りながら走ることを思いついた。指揮者のように右手が動くからBPM180のピッチ走法で楽に走れる。課題は推進力をどうつくっていくかだが、左手は前へ振り出せるし、右手もひじは引けるのでこれでいけそうな感触はある。胸を張ったほうが右手の動きはスムーズだったので、ふと思い出して『セロベース・ランニング』を再チェック。胸から胴体、さらに大転子を動かすことを心がける。今日は2.195キロコースの1キロを新フォームで。重いGTで5分05秒でわりと楽に走れた。残り1キロから全力で走り、緩走につなげる。
                    夕食のメインは揚げ物。冷凍のごま団子は揚げすぎたようでいま一つ。
                    仮眠後の夜は連作の第三話を脱稿し、モニターに渡す。75枚。残りは二話なので、構成を練る。
                    入浴後は今日届いたクッツカーネを絵にかぶせて出品の準備が完了。新たな参考書も購入。

                    今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
                    一日一生きみも新たな一生を生きるいのちのかたちを変えて
                    油をなめていてびっくりした王子がいないから出しっぱなしの揚げ物の鍋
                    追悼にバッハのCDをいただく没後に最初に聴いたのは「G線上のアリア」だった
                    たとえようもなく暗く美しい音楽ヘルベルト・ケーゲルが自殺する一年前の





                    08:41 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2017.05.10 Wednesday

                    リコッタストラップとバイク練習

                    0
                      長篇Cが第五章まで終了。残りは200枚を切った。
                      午後は連作の第三話を最後まで書く。
                      奥さんにリコッタ王子の写真を使った三種のストラップを作成してもらう。一つ目はクレヨンに装着。これでトライアスロンを一緒に戦える。雨が上がったのでさっそく練習。今日は課題の下ハンしばり。前半は25分ペースだったので後半上げる。下ハンのダンシング加速もできたから成果はあった。続いて、下ハンで坂を下る練習を5回。視線をいくらか先に置き、サドルの後ろに座って安定して下る練習。さらに、課題の右カーブの練習。ひじを下げて体を倒すように心がける。まだまだ低レベルなところで引っかかっているが、機材のグレードアップも含めてバイクは伸びしろがたくさんあると考えるようにしている。
                      夜は連作の加筆改稿作業を謎解きの前まで。それからレシートの整理。
                      入浴後は油絵。小さい絵がほぼ完成。

                      今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
                      ゆきに振ったら必ずどこからか現れて横取りした猫じゃらし現れないからゆきに振ってやる
                      食べ終わったらおまえがすぐなめに来たお皿いまはテーブルに置きざりのまま
                      きみのいのちはいまどのあたりただ青いだけの空を見上げる
                      何も考えないように急いでレシートの整理をして「ねこ葬儀代」と記す


                      近刊
                      『開運十社巡り 大江戸秘脚便』(講談社文庫)5月16日
                      『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎文庫)6月上旬
                      『きずな酒(仮) 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月下旬

                      新刊
                      『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』(宝島社文庫)5月9日

                      『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)4月5日
                      『クトゥルー短篇集 魔界への入口』(創土社、クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)3月30日
                      『京なさけ 小料理のどか屋人情帖19』(二見時代小説文庫)2月25日
                      『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房・現代歌人シリーズ)2月14日
                      『猫俳句パラダイス』(幻冬舎新書)1月28日
                      『花たまご情話 南蛮おたね夢料理(四)』(光文社文庫)1月11日

                      刊行中(2016年下半期刊)
                      『娘飛脚を救え 大江戸秘脚便』(講談社文庫)12月刊
                      『走れ、千吉 小料理のどか屋 人情帖18』(二見時代小説文庫)10月刊
                      『若さま大転身 国盗り慕情』(徳間文庫)10月刊
                      『母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)』(光文社文庫)8月刊
                      『大江戸秘脚便』(講談社文庫)7月刊
                      『ほまれの指 小料理のどか屋 人情帖17』(二見時代小説文庫)6月刊
                      『包丁人八州廻り』(宝島社文庫)6月刊

                      『生きる人 品川しみづや影絵巻完結篇』(言い値書店)3月新刊


                      08:57 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      ▲top