Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.04.10 Monday

大井川鐵道井川線の旅

0
    春の18きっぷの最終日。早起きして相模線の始発で出かける。東海道線の車中で長篇Bをきりのいいところまで書く。
    予定通り、金谷に到着。今日のターゲットは大井川鐵道。かつて奥さんと千頭まで乗ったことがあるが、ようやく復旧成った井川線をつぶすのが目標。ドアが手動の味のある車両に乗って出発。やはりここが大井川鐵道の眼目で、私好みの秘境を縫いながら奥大井へ。乗客ばかりでなく「綾鷹」などの荷物も運ぶ。観光客が大半につき、折にふれて車掌さんのアナウンスが入る。土本駅の周辺には家が四軒しかなく、そのうち三軒が土本さんなのだそうだ。日本有数の秘境駅の尾盛では酔狂な客が何人か下りていた。トンネルの間が十メートルしかない区間や、日本で最も高い鉄橋や山の十二単などではアナウンス入りで徐行。おかげでたくさん写真を撮れた。滞りなく終着駅の井川に到着。いま書いている鉄道ミステリーに盲腸線の終着駅から走ってべつの鉄道につなげるのを趣味にしている人物を出す予定なのだが、身延線につなげるしかなさそうな井川は日本でも指折りの難易度の高さだろう。さすがにそんな命に関わるかもしれない取材をするつもりはない。本数が少ないので次の列車で折り返す。帰りも尾盛で下りた客がいて、車掌さんがあわててダッシュ。秘境駅でぽけっとするのは私も好きだが(お薦めは東白石と中根)、今回は遅くなるので無理。一人なら早起きして日帰りで行けるが、娘が乗りたいと言ったら寸又峡温泉に一泊するしかなさそう。紅葉の季節ならそれもいいかもしれない。長島ダム駅では、行きは見送ったアプト式車両の連結の模様を動画撮影。SLはまたの機会にして、千頭からは近鉄特急のお下がりの快適な普通列車で。行きと逆側の車窓を楽しみ、金谷に戻る。井川まで往復で7時間もかかった。これで難関の静岡は天竜浜名湖鉄道の西半分を残すのみ。
    吟行句は次のとおり。

    蛇行する水も桜も奥大井
    人の智の抽象美よし茶の畠
    土本
    家四軒墓は五基あり春の里
    見下ろせる峡[かひ]の狭さよ山桜
    奥大井の水の碧さよちるさくら
    民宿の手書き看板遅桜
    断崖に一点の紅咲きにけり

    車窓と関係のない句は下記。

    一瞬の宇宙光芒ちるさくら
    置かれたるコーラの壜や花疲れ
    いつせいにかむさりてをり川桜
    砲撃のしづまりてなほ遠桜

    東海道線では、連作の第三話を起稿。それから、長篇Cを少し進めたものの、根が続かずやめる。
    19時過ぎに帰宅。

    20:47 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2017.04.09 Sunday

    平塚温水プールとららぽーと

    0
      長篇Bの第四章を起稿。きりのいいところまで書いてから長篇Aの推敲作業に。
      午後からは、かねてよりの娘の希望で平塚の温水プールへ。奥さんは体調不良につき見学。私が子供用のプールで指導。ひざが曲がっていたバタ足はだいぶ良くなった。娘がトイレに行っているときだけ深いゾーンでわっと泳ぎ、あとはドリル。バタフライのキャッチでスカーリングを入れてみたらいい感じだった。それから第二の目的の平塚ららぽーとへ。行くのは初めて。娘に初めてボウリングをと思ったのだが、待ち時間が長すぎて断念。奥さんが買い物をしているあいだに子守り、それからフードコートで食事。海老名にもある野菜を食べるカレーが入っていた。遊び場などの下調べが甘かったが、次からは大丈夫。
      帰宅後は長篇Aの推敲作業を完了。それからデータ訂正作業に移る。速攻で完了してモニターに渡す。これでひと区切りついた。
      明日は18きっぷ最終日の鉄道取材。

      09:05 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2017.04.08 Saturday

      長篇A脱稿

      0
        長篇Aの追い込み。午後、終章をとりあえず最後まで書いて脱稿。二冊ある今月の締切のうち、一冊目は余裕を持ってクリア。318枚。
        終了後はバイパス下の雨天練習場で練習。
        夕食はナポリタン。娘も完食。昨日、体重が54キロ台に落ちたのであわててたくさん食べたら57キロ台に戻る。
        仮眠後の夜は長篇Aを画面上で推敲して最後までプリントアウト。それから、苦労していた長篇Bの第三章の加筆作業を終えてプリントアウト。
        入浴後は長篇Bの第四章のプロットづくり。さらに、連作の第三話の構成に着手。取材が必要な話は後回しにして、書けるものから。舞台はDVDを購入済みの福塩線。

        08:05 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2017.04.07 Friday

        初めての脳ドック

        0
          連作の第二話を送稿。長篇Aの追い込み。
          午後は茅ヶ崎徳洲会病院で生まれて初めての脳ドック。検査着に着替えて耳栓を装着、あお向けになって頭が動かないように固定される。気分が悪くなったら押すようにとボタンを持たされたので初めは緊張したが、いざ始まってみると折にふれて変わる大きな音が面妖な現代音楽みたいで楽しかった。アラン・ペッタションの音楽を突き詰めたらこんな感じになるだろうか。せっかく身動き取れないのだからと短歌を詠もうとしてどうにか一首。

          夜あお向けにされてスライスされていくわたしの脳と未知なる星と

          終了後に看護師さんから「どうでしたか」と感想を問われたので、「楽しかったです」と笑顔で答えて少々あきれられた。SF系の方は気に入ると思う。結果は後日。
          夕食はチャーハン。
          仮眠後も長篇Aを追い込み、第十一章まで終了。300枚に到達。残るは終章のみ。
          入浴後はウエットスーツにソフターをかける。浴槽に怪しい影が見えたので「こらっ」と思わず声を発したのだが、自分が浸けたウエットスーツだった。
          それから長篇Bの修正を少し。また穴が見つかってしまって冷や汗。


          08:37 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2017.04.06 Thursday

          ウエットスイム練習と個人メドレーPB

          0
            長篇Aの追い込み。第十章まで終了、第十一章に入る。あと40枚くらい。
            マラソンの手の振りすぎで痛めてしまった右手首がようやく癒える。全治十日だった。今日は先月できなかったウエットスーツスイムのため、長後経由で海老名の高座施設組合温水プールへ。プールへ入ると、スイミング教室の子供が私のいでたちを見て思わずたじろぐ。そりゃ温水プールでウエットスーツを着ている人はめったにいないだろう。おじさんはトライアスロンの練習のために着てるので、べつに泳げないわけじゃないんだよ。
            第一クールはクロール。注意点をいろいろ考えながら泳ぐ。
            *下を見て泳ぐ
            *左の入水後にスカーリングを入れる
            *少し猫背にして左を伸ばす
            *ピッチング泳法のとき、右手で少し水を押さえつける
            *左のキックをてこにして右手を振り出す
            など、一つずつの動きはできるのだが、全部併せようとすると必ずどこかがお留守になってしまう。スイムは難しい。1000m泳いでから背泳ぎも少し。
            第二クールは人がほとんどいなかったから、ふと思い立って400m個人メドレーに挑む。バタフライはウエットスーツだとキックが浅くなってしまうのだが、その分呼吸は楽。続いて、鬼門の背泳ぎ。泳ぎはじめたときは人がいなかったのに、25m泳いでふとうしろを見たら三人もいる。蛇行する背泳ぎはゾーンを守れないため、もう必死に泳ぐ。何度も水を飲んでむせたから非ウエットなら轟沈していたと思うが、うしろの人もうなりながら泳いでいた私に遠慮してくれてなんとか完泳。平泳ぎは遅いゾーンを守って泳ぐ。キックが入らない分をプルでカバーしてクロールへ。あとはピッチング泳法で全力で泳いで13分47秒。だいぶ前にさがみはらでマークしたタイムはとりあえず4分ほど詰められた。課題のウエットスーツ脱ぎは収穫あり。両手で膝まで下ろしてから足で踏みつけ、ふくらはぎの下まで下ろす。それから座って両手で足首を抜くようにすればあまりロスなくできた。初めはどうなることかと思ったが、これで本番の見通しが立った。
            その後はバスで海老名へ。あるバス停でがんっという音が響いた。停車中のバスすれすれに通ったトラックがバスのミラーにぶつかり、そのまま逃走したらしい。ミラーは曲がってしまって運転できないから、せっかく座っていたのに満員の後続のバスに乗り換え。ららぽーとのフードコートでうどんを食べたあと、スタバで仕事。長篇Bの第三章がようやく終了。これでやっと進みそう。
            王座戦第三局は余七段が初勝利。ようやく井山六冠に勝つ。今後のためにも大きな一勝。打ちたくて仕方なかった右辺のツケを余七段が打ってくれたので嬉しかった。

            09:01 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2017.04.05 Wednesday

            里山公園と『料理まんだら』本日発売

            0
              奥さんが東京で美術展につき、三日連続で子守り。娘が帰ってきてからバスで里山公園へ。娘を遊ばせているあいだにポメラで長篇Aの追い込み。きりがいいところでやめて低速スローシザースなどのドリル。
              『大転子ランニング』の「壁を作る」動きと、TIスイムの「側の切り替え」は動きに一脈通じるところがある。太腿を水平に押し出す『大転子ランニング』のドリルはそのまま2ビートキックのドリルにもなる。また、肩甲骨が動きやすいように「少し猫背にする」動きは『フラットスイム』でも推奨されていた。ラン・スイム・バイクに共通する動きを浮かび上がらせたのが『2軸トライアスロン』だが、同書でのキイワードは「体重移動」、これも上記の動きとかぶさってくる。で、個人的な課題としては、やはりここでも右に比べて左が弱い。左の壁をしっかり作ることを意識して練習に取り組みたいと思う。ただし、左を踏み出す足先がかなり内向していたのを2軸を意識することで矯正していたので、そのあたりが元に戻らないように注意。
              というわけで、今日は左の壁を作る練習を第一に。重心を低くする練習も。いままでは腰高を意識するあまり上体が突っ立って走ることが多かった。余力のあるうちはいいが、失速すると歯止めが利かないし、向かい風にも極端に弱い。そのあたりをフォーム改造で克服できればと思う。
              帰宅後は長篇B。また大きな穴に気づく。あわてて仮タイトルを変更してプロットを練り直したが大丈夫だろうか。本当にこの作品は綱渡りの連続。それから『開運十社巡り』のゲラを仕上げる。
              入浴後は油絵。20号の前作「蠟燭のある海景」の炎の部分が気に入らなくなったので描き直す。だいぶましにはなった。もう一回オイルパステルで修正したら額縁を発注するつもり。去年描いた60号の大作も修正予定。
              『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)は本日発売です。半期に11冊だと何が最新刊で次が何かときどきわからなくなったりします。版元のデータはこちら↓
              http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55351-1
              重ねてよろしくお願いいたします。


              近刊
              『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』(宝島社文庫)5月初旬
              『開運十社巡り 大江戸秘脚便』(講談社文庫)5月中旬
              『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎文庫)6月上旬
              『きずな酒(仮) 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月下旬

              新刊
              『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)4月5日
              『クトゥルー短篇集 魔界への入口』(創土社、クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)3月30日

              『京なさけ 小料理のどか屋人情帖19』(二見時代小説文庫)2月25日
              『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房・現代歌人シリーズ)2月14日
              『猫俳句パラダイス』(幻冬舎新書)1月28日
              『花たまご情話 南蛮おたね夢料理(四)』(光文社文庫)1月11日

              刊行中(2016年下半期刊)
              『娘飛脚を救え 大江戸秘脚便』(講談社文庫)12月刊
              『走れ、千吉 小料理のどか屋 人情帖18』(二見時代小説文庫)10月刊
              『若さま大転身 国盗り慕情』(徳間文庫)10月刊
              『母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)』(光文社文庫)8月刊
              『大江戸秘脚便』(講談社文庫)7月刊
              『ほまれの指 小料理のどか屋 人情帖17』(二見時代小説文庫)6月刊
              『包丁人八州廻り』(宝島社文庫)6月刊

              『生きる人 品川しみづや影絵巻完結篇』(言い値書店)3月新刊


              09:05 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2017.04.04 Tuesday

              自転車初の田園地帯

              0
                午前中は長篇A。追い込みモードに入る。午後は長篇B。
                自転車が上手になってきた娘を伴走し、初めていつもの田園地帯の練習コースへ。芝桜と菜の花がきれいなコースで練習。トライアスロンのブリック練習のランで使っている500mのコースを漕がせてみる。まだカーブは心もとないが、2分55秒と3分を切れたから上出来。そのうちついていけなくなるだろう。帰りはコンビニに寄ってアイス休憩。
                帰宅後はゲラの第八章。
                夕食はだしを引き、煮物をつくってから揚げ物。
                仮眠後の夜は長篇Bの続きをきりのいいところまで。それからゲラを最後まで読み、地図もチェック。
                入浴後は「なんでも鑑定団」の高島野十郎の蠟燭の絵が贋作だと見抜いたあと、自分の20号の絵にサインを入れる。タイトルは「蠟燭と檸檬のある海景」。もう一つなので、出展用の絵は前作に。オイルパステルでさらにブラッシュアップするつもり。

                09:04 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2017.04.03 Monday

                自転車伴走

                0
                  長篇Aが第九章まで終了。第十章に入る。250枚に到達。追い込みモードに変えて、早く一冊脱稿したいところ。
                  続いて長篇B。今日もポメラで執筆。
                  終了後はコンビニまで自転車で行けるようになった娘の伴走。だいぶ上手になったので、荷物が多いと帰りが大変。
                  帰宅後はゲラを第五章まで。
                  金曜の脳ドックまでまた禁酒。もともと酒は強くないのだが、この調子だと格段に弱くなりそう。ビールのショート缶一本で十分なくらい。
                  夕食はパスタと焼きそば。
                  仮眠後の夜はまず長篇C。それから、長篇Dの構成表づくり。ひとまず最後まで。
                  入浴後は油絵のオイルパステル作業。完成近し。それからゲラに戻って第七章まで。

                  09:09 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2017.04.02 Sunday

                  第22回吉川なまずの里マラソンと流山取材

                  0
                    早起きして出かける。行きの車中で長篇A。
                    9時前に会場に到着し、黒猫に着替えてスタートを待つ。先週とはうって変わったマラソン日和で、着ぐるみだとはっきり暑いが、寒いよりは暑いほうがはるかにいい。20℃近い坂だらけのハーフを着ぐるみで完走したこともあるから、これくらいならべつにどうということはない。10キロの部は9時50分にスタート。昨日初めて練習したスローシザースのドリルで走る。キロ8分くらいだから面白いように抜かれる。右手首にまだ湿布を貼っている状態だから、腕を抱え込むフォームも試してみる。骨盤と大転子の動きをたしかめながら走っていたのだが、どうもこれでピッチを上げても速くなるような感じがしない。3.5キロくらいのだらだらした上り坂でその理由にはたと気づいた。骨盤は動いていたが前傾しておらず、推進力が生まれていなかったのだ。ゆるい坂を走ってみてようやく気づいた。もともと力が上に抜ける悪い癖がある。もうだいぶ前だが、フォアフットに矯正したらそこが改まってPBが出た。油断しているとまた悪弊が出てしまう。前へ重心をかけ、腰低意識を持って走ってみたらようやく手ごたえが出てきたので、4キロからペースアップ。まだ一秒に三歩は厳しいが、片方の膝をもう片方の膝が素早く追い越すという意識を持って走る。初めての意識だから新鮮。太腿を押し出すように動かすことも心がける。7キロまではだれにも抜かれずひたすら抜いた。後半は暑くてさすがにバテたけれど、いい感じの走りはできたと思う。腕振りはひじを下に押さえつけるような感じで。ただし、ひじから先は従来通り前へ振ったほうが良さそうだ。ロスタイムを除けばほぼキロ6分でまとめて終了。収穫はあった。ちなみに、今回の声援は「ねこ」ばかりで、くまモンとは言われなかった。
                    打ち上げはなかったので、次の目的の取材へ。今日は時代小説と鉄道ミステリーのダブル取材で流山へ。流鉄はずいぶん久しぶり。黄色に乗りたかったのだが、行き帰りともに青だった。流山駅からいくらか歩き、まず市立博物館へ。味醂づくりを中心に展示をゆっくり観てから、事務室で資料を購入。これだけでも収穫があった。その後は流山本町の観光スポットを一つずつ回る。富士塚のある浅間神社や一茶双樹記念館などが収穫。菜の花がきれいな江戸川の土手にも二度上がる。じっくり歩いて平和台駅から再び流鉄。新松戸からまた18きっぷのJRに移り、柏まで行って常磐線快速のグリーン車に乗り、マラソンと取材の収穫にビールで祝杯。
                    帰宅後はポメラのデータを移植してからゲラ。入浴後も進めて第三章まで。


                    19:26 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2017.04.01 Saturday

                    ポメラ執筆と『大転子ランニング』

                    0
                      新年度の今日から日中はポメラで執筆することに。ただし、寒い。
                      午前中は長篇A。午後は長篇B。ノートパソコンと違って逃避回数が減るから格段に進むかと思いきや、一回ごとの逃避時間が長くて結局はあまり変わらなかった。
                      みやすのんき『「大転子ランニング」で走れ!マンガ家53歳でもサブスリー』(実業之日本社)を読了。
                      以下に取り入れようと思ったところをメモ。
                      *抱え込む腕振り
                      *大転子に足の付け根意識を置く
                      *片足で跳ぶケンケンドリル
                      *骨盤(太腿の前面)を水平に前へ押し出す(ドリルあり)
                      *坂道ドリル
                      *素早く前へ重心を移動させる(スローシザースのドリル)
                      *一秒に三歩の回転とトレッドミルのテンポ練習
                      *腰低意識
                      大転子はねじって走るものだと思い込んでいたのだが違った。と言うのは、ほかでもない。だいぶ前に初めてサブ4を達成したころは、右の腰をひねってぶつけていくようなフォームだった。そのせいで腰を痛めてやめてしまったけれど、あの走りをブラッシュアップしたものだろうと勝手に予想していたのだが、大転子はねじるのではなく水平に押し出すように動かすものらしい(そのうち『大転子ウォーキング』も読んでみるつもり)。推奨されている抱え込む腕振りで、ひじをリズミカルに下に引いて大転子の動きと連動させるイメージはできた。
                      問題は、本書の根幹となるスローシザースのドリル。普通のシザースの動画はネットに上がっているのでできるのだが、スローシザースは適当なものが見当たらない。このあたりは公園で練習するのが良さそうだ。というわけで、娘を遊ばせがてら本を持参して公園で練習。ケンケンは子供のころ以来だが、下が舗装路だと足を痛めるかもしれないから公園で。肝心のスローシザースは私の運動神経と体の硬さだとなかなかできなかったのだが、要はロス・オブ・コンタクトを繰り返す競歩の要領だろうとイメージはできた。しだいにテンポを上げ、一秒間に三歩動かす感覚で行えるようになるのがベストらしいが(昨日はこれをトレッドミルで練習)、まだかなり時間がかかりそうだ。もう一つ、腰低意識も新鮮。いままでは腰の位置を高くすることを心がけていて、きれいなフォームだとたまに言われたものだが、惜しむらくは力感がなく、上へ抜け気味になることが多かった。これは相撲の浅いハズ押しの要領だろう。というふうにイメージを変換できるのはたぶん手ごたえのある証だから、しばらくこれで練習してみるつもり。明日のなまずの里マラソン10キロはちょうどいいタイミングかも。
                      今季初戦の大井川港トライアスロンにエントリー。昨年に続いて二回目。前回はスイムでPBを出したものの、あとは暑さでぐだぐだだったので、今回はあわよくばPBまでもっていきたいところ。みやぎ復興マラソンのホテルもキープ。前日はかつて代行バスで乗った仙石線その他を乗りつぶす予定。
                      夕食はカレーチャーハン。小松菜のお浸しもつくる。
                      夜は仮眠を取らず、連作の第二話の加筆推敲作業。第二話は80枚といいペース。プリントアウトしてモニターに渡す。それから、ゲラの疑問点解決作業を完了。あとは読むだけ。


                      09:05 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      ▲top