Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 推理作家協会囲碁大会 | TOP | 週間読書日記と中学受験対策問題集発注 >>

2019.03.18 Monday

佐倉朝日健康マラソン調整

0
    短歌エッセイを送付し、書評のファイルだけまず作成。長篇Aの第八章を進めながら、打ち合わせの準備にかかる。
    終了後は週末の佐倉朝日健康マラソンに向けて調整。ペース走は明日に回して、今日は坂練。ただし、どこか痛めないように激坂は避ける。
    夕食は家族の希望で外食。ステーキのどんへ。
    仮眠後の夜は長篇B。第二章まで終了、第三章に入る。残りは250枚。それから、長篇Cの第一章を再開。さらに、打ち合わせの準備。その後は翻訳を再開したもののまたすぐ難所に。
    入浴後は絵画制作。黒のアクリルとモデリングペーストをまぜたものを上から塗る。乾いたらこの抽象画は完成。それから、ゲラを仕上げ、打ち合わせの準備を進めてから長篇Hの第十三章。








    新刊
    『永久のゼッケン 〜多摩川ブルーにほほえみを』(出版芸術社)3月15日
    『八丁堀の忍(二) 大川端の死闘』(講談社時代小説文庫)3月15日

    近刊
    『人情料理わん屋』(実業之日本社文庫)4月上旬
    『肝っ玉千都丸 廻船料理なには屋』(徳間時代小説文庫)5月上旬

    刊行中(2018年下半期〜2019年)
    『千吉の初恋 小料理のどか屋人情帖25』(二見時代小説文庫)2月
    『ぬりかべ同心判じ控』(幻冬舎時代小説文庫)2月
    『よこはま象山揚げ 南蛮おたね夢料理(八)』(光文社時代小説文庫)1月
    『俳句ねこ』(ホーム社) *共著 12月
    『裏・町奉行闇仕置 死闘一点流』(コスミック・時代小説文庫)12月
    『怖い短歌』(幻冬舎新書)11月
    『涙をふいて 廻船料理なには屋』(徳間文庫)11月
    『風は西から 小料理のどか屋人情帖24』(二見時代小説文庫)10月
    『裏・町奉行闇仕置 黒州裁き』(コスミック・時代小説文庫)10月
    『還ってきた老人から始まる仄暗い百の断片』(惑星と口笛ブックス)8月 *電子書籍
    『八丁堀の忍』(講談社時代小説文庫)8月
    『ゆめかない膳 南蛮おたね夢料理(七)』(光文社時代小説文庫)7月









    08:51 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://krany.jugem.jp/trackback/5658

    トラックバック

    ▲top