Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 『永久のゼッケン』『八丁堀の忍(二)』明日発売と「ほんのひとさじ」vol.11 | TOP | 放課後デイサービスと画材店 >>

2019.03.15 Friday

スイム練習復帰と二冊刊行

0
    長篇Aが第七章まで終了、第八章に入る。残りは150枚を切った。それから長篇Bの第二章。バス移動中も。
    風邪などでだいぶ間が空いてしまったスイム練習を茅ヶ崎市温水プールで再開。短水路の途中で一回ヘッドアップを入れながらクロール。泳ぎ方自体に問題はないものの、鳥取の疲れがまだ残っていて内容はいま一つ。折り返しコースで100mを二度泳いだけれど、いずれも2分20秒を切れず。今日はボヤンシーショーツだったからタイムは不満。第三クールはドリルのあとバタフライを100mだけ。ブランク明けで2000m泳いだら疲れたため打ち切る。
    帰宅して仮眠後はゲラの疑問点を解決、頭から読む作業を第一章まで。それから、翻訳にかかったもののすぐ難所になったのでやめる。
    入浴後は絵画制作。明らかに悪くなったのでまた塗り直し。抽象画でも考えてから描かなければ。その後は、長篇Hの第十三章。
    棋聖戦最終局は大熱戦を制した井山棋聖が防衛。あんな大石を取られて勝ってしまうとは。

    既報の二冊は滞りなく刊行されたようです。よろしくお願いいたします。








    新刊
    『永久のゼッケン 〜多摩川ブルーにほほえみを』(出版芸術社)3月15日
    『八丁堀の忍(二) 大川端の死闘』(講談社時代小説文庫)3月15日

    近刊
    『人情料理わん屋』(実業之日本社文庫)4月上旬
    『肝っ玉千都丸 廻船料理なには屋』(徳間時代小説文庫)5月上旬

    刊行中(2018年下半期〜2019年)
    『千吉の初恋 小料理のどか屋人情帖25』(二見時代小説文庫)2月
    『ぬりかべ同心判じ控』(幻冬舎時代小説文庫)2月
    『よこはま象山揚げ 南蛮おたね夢料理(八)』(光文社時代小説文庫)1月
    『俳句ねこ』(ホーム社) *共著 12月
    『裏・町奉行闇仕置 死闘一点流』(コスミック・時代小説文庫)12月
    『怖い短歌』(幻冬舎新書)11月
    『涙をふいて 廻船料理なには屋』(徳間文庫)11月
    『風は西から 小料理のどか屋人情帖24』(二見時代小説文庫)10月
    『裏・町奉行闇仕置 黒州裁き』(コスミック・時代小説文庫)10月
    『還ってきた老人から始まる仄暗い百の断片』(惑星と口笛ブックス)8月 *電子書籍
    『八丁堀の忍』(講談社時代小説文庫)8月
    『ゆめかない膳 南蛮おたね夢料理(七)』(光文社時代小説文庫)7月







    08:14 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://krany.jugem.jp/trackback/5655

    トラックバック

    ▲top