Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 『永久のゼッケン 〜多摩川ブルーにほほえみを』見本到着 | TOP | 『永久のゼッケン』『八丁堀の忍(二)』明日発売と「ほんのひとさじ」vol.11 >>

2019.03.13 Wednesday

『90秒の別世界』『イギリス怪談集』と『肝っ玉千都丸 廻船料理なには屋』初校ゲラ到着

0
    あさって15日はいよいよ『永久のゼッケン 〜多摩川ブルーにほほえみを』と『八丁堀の忍(二) 大川端の死闘』の発売ですが、ほかにも見本が届いています。
    *千葉聡『90秒の別世界 短歌のとなりの物語』(立東舎)15日発売
    ショートショートの末尾に短歌を付した型式(と言うより、短歌に触発されたショートショート集)で、拙作も採り上げていただいています。短歌のアンソロジーとしても読める面白い企画です。私も今年刊行予定の『倉阪鬼一郎散文詩集成』が出たら俳句か短歌を付けてみるつもり。二百篇収録だから、労せずして(?)二百(句&首)増える。
    *由良君美編『イギリス怪談集』(河出文庫)
    丸善150周年記念の復刊。秋までは丸善ジュンク堂限定の販売になります。南條竹則さんとの共訳、レ・ファニュ「ロッホ・ギア物語」を収録。
    今日は『肝っ玉千都丸 廻船料理なには屋』(徳間時代小説文庫・5月上旬刊行予定)の初校ゲラが届く。シリーズ四巻目は物語が派手に動きます。ご期待ください。

    執筆は、午前中は長篇Aの第七章を二まで。午後は長篇Bの第二章。
    デジカメが到着。まったく同じ機種の買い替えだから、充電してすぐ使えた。次はもう少しいい機種にする予定。
    夕食は梅おかかチャーハン。
    仮眠後の夜は長篇Cの第一章。それから、付箋を貼りながらゲラをあらため、疑問点解決作業をとりあえず第一章のみ。その後は翻訳。
    入浴後は絵画制作。今日は青を塗る。キャンバスは一応のところは具象画、板は完全な抽象画と使い分けようかとも思う。それから、長篇Hの第十三章。








    新刊
    『永久のゼッケン 〜多摩川ブルーにほほえみを』(出版芸術社)3月15日
    『八丁堀の忍(二) 大川端の死闘』(講談社時代小説文庫)3月15日

    近刊
    『人情料理わん屋』(実業之日本社文庫)4月上旬
    『肝っ玉千都丸 廻船料理なには屋』(徳間時代小説文庫)5月上旬

    刊行中(2018年下半期〜2019年)
    『千吉の初恋 小料理のどか屋人情帖25』(二見時代小説文庫)2月
    『ぬりかべ同心判じ控』(幻冬舎時代小説文庫)2月
    『よこはま象山揚げ 南蛮おたね夢料理(八)』(光文社時代小説文庫)1月
    『俳句ねこ』(ホーム社) *共著 12月
    『裏・町奉行闇仕置 死闘一点流』(コスミック・時代小説文庫)12月
    『怖い短歌』(幻冬舎新書)11月
    『涙をふいて 廻船料理なには屋』(徳間文庫)11月
    『風は西から 小料理のどか屋人情帖24』(二見時代小説文庫)10月
    『裏・町奉行闇仕置 黒州裁き』(コスミック・時代小説文庫)10月
    『還ってきた老人から始まる仄暗い百の断片』(惑星と口笛ブックス)8月 *電子書籍
    『八丁堀の忍』(講談社時代小説文庫)8月
    『ゆめかない膳 南蛮おたね夢料理(七)』(光文社時代小説文庫)7月




    07:44 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://krany.jugem.jp/trackback/5653

    トラックバック

    ▲top