Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< リコッタ三七日(二十一日目)法要 | TOP | 『涙の米国母焼き(仮) 南蛮おたね夢料理(五)』初校ゲラ到着と秘書猫二号 >>

2017.05.16 Tuesday

『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』初校ゲラ到着と海岸ポタリングと

0
    午前中は長篇C。
    『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫・6月下旬刊行)の初校ゲラが届きました。いよいよ20巻の大台に乗ります。
    午後は長篇Dや連作などを少しずつ。
    終了後は木綿リコッタ号でポタリング。相模川馬入のお花畑→平塚港→茅ヶ崎柳島スポーツ公園建設中→サザンビーチ→ヘッドランド。来春やっと近くに陸上のトラックができるので、バイクでたまに行こうかと思う。サザンビーチのモニュメントはチタン製、いつの日かチタンバイクで来たいものだ。
    仮眠後の夜はさっそくゲラに着手。疑問点を解決し、頭から読む作業に入る。
    入浴後は油絵。明日もう一冊届くからゲラ読みを続け、第三章まで。
    『開運十社巡り 大江戸秘脚便』は本日発売です。『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』ともども、重ねてよろしくお願いいたします。

    今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
    「あれが湘南大橋だよ」と教えながらリコッタとともに走る低速サイクリング
    初めは機嫌よく口ずさんでいたのにだんだん泣けてきた歌「岬めぐり」


    近刊
    『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎文庫)6月上旬
    『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月下旬
    『涙の米国母焼き(仮) 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社文庫)7月上旬

    新刊
    『開運十社巡り 大江戸秘脚便』(講談社文庫)5月16日
    『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』(宝島社文庫)5月9日

    『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)4月5日
    『クトゥルー短篇集 魔界への入口』(創土社、クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)3月30日
    『京なさけ 小料理のどか屋人情帖19』(二見時代小説文庫)2月25日
    『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房・現代歌人シリーズ)2月14日
    『猫俳句パラダイス』(幻冬舎新書)1月28日
    『花たまご情話 南蛮おたね夢料理(四)』(光文社文庫)1月11日

    刊行中(2016年下半期刊)
    『娘飛脚を救え 大江戸秘脚便』(講談社文庫)12月刊
    『走れ、千吉 小料理のどか屋 人情帖18』(二見時代小説文庫)10月刊
    『若さま大転身 国盗り慕情』(徳間文庫)10月刊
    『母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)』(光文社文庫)8月刊
    『大江戸秘脚便』(講談社文庫)7月刊
    『ほまれの指 小料理のどか屋 人情帖17』(二見時代小説文庫)6月刊
    『包丁人八州廻り』(宝島社文庫)6月刊

    『生きる人 品川しみづや影絵巻完結篇』(言い値書店)3月新刊


    08:20 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://krany.jugem.jp/trackback/4912

    トラックバック

    ▲top