Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 『開運十社巡り 大江戸秘脚便』見本到着 | TOP | フォーム改造と連作第三話脱稿 >>

2017.05.10 Wednesday

リコッタストラップとバイク練習

0
    長篇Cが第五章まで終了。残りは200枚を切った。
    午後は連作の第三話を最後まで書く。
    奥さんにリコッタ王子の写真を使った三種のストラップを作成してもらう。一つ目はクレヨンに装着。これでトライアスロンを一緒に戦える。雨が上がったのでさっそく練習。今日は課題の下ハンしばり。前半は25分ペースだったので後半上げる。下ハンのダンシング加速もできたから成果はあった。続いて、下ハンで坂を下る練習を5回。視線をいくらか先に置き、サドルの後ろに座って安定して下る練習。さらに、課題の右カーブの練習。ひじを下げて体を倒すように心がける。まだまだ低レベルなところで引っかかっているが、機材のグレードアップも含めてバイクは伸びしろがたくさんあると考えるようにしている。
    夜は連作の加筆改稿作業を謎解きの前まで。それからレシートの整理。
    入浴後は油絵。小さい絵がほぼ完成。

    今日のリコッタ王子追悼連作短歌↓
    ゆきに振ったら必ずどこからか現れて横取りした猫じゃらし現れないからゆきに振ってやる
    食べ終わったらおまえがすぐなめに来たお皿いまはテーブルに置きざりのまま
    きみのいのちはいまどのあたりただ青いだけの空を見上げる
    何も考えないように急いでレシートの整理をして「ねこ葬儀代」と記す


    近刊
    『開運十社巡り 大江戸秘脚便』(講談社文庫)5月16日
    『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎文庫)6月上旬
    『きずな酒(仮) 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月下旬

    新刊
    『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』(宝島社文庫)5月9日

    『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)4月5日
    『クトゥルー短篇集 魔界への入口』(創土社、クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)3月30日
    『京なさけ 小料理のどか屋人情帖19』(二見時代小説文庫)2月25日
    『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房・現代歌人シリーズ)2月14日
    『猫俳句パラダイス』(幻冬舎新書)1月28日
    『花たまご情話 南蛮おたね夢料理(四)』(光文社文庫)1月11日

    刊行中(2016年下半期刊)
    『娘飛脚を救え 大江戸秘脚便』(講談社文庫)12月刊
    『走れ、千吉 小料理のどか屋 人情帖18』(二見時代小説文庫)10月刊
    『若さま大転身 国盗り慕情』(徳間文庫)10月刊
    『母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)』(光文社文庫)8月刊
    『大江戸秘脚便』(講談社文庫)7月刊
    『ほまれの指 小料理のどか屋 人情帖17』(二見時代小説文庫)6月刊
    『包丁人八州廻り』(宝島社文庫)6月刊

    『生きる人 品川しみづや影絵巻完結篇』(言い値書店)3月新刊


    08:57 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://krany.jugem.jp/trackback/4906

    トラックバック

    ▲top