Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 高校駅伝 | TOP | 長篇G送稿と年間7千枚とさらば将棋 >>

2016.12.26 Monday

長篇G脱稿

0
    長篇Gの追い込み。朝から第十章に専念。昼過ぎに終了。
    終章を起稿してポメラにデータを移植、調子の悪いバイクに乗ってイオンへ行き、チェーンの交換を依頼。持ち込みでも嫌な顔一つせずに直してくれた(工賃は1700円あまり)。チェーンが交換されたら、あれほど調子が悪かった変速が快適に戻る。初めからこうすれば良かった。これで年末のロングライドにも出られそう。自分でできるのはタイヤとチューブの交換までで、その先はショップに任せたほうがいいということを授業料を払って学んだ。
    もっと待ち時間があるかと思いきや、30分しかなかったため終章のパート一まで必死に書く。帰宅後はパート二に。
    夕食はただのチャーハン。
    仮眠後の夜は終章の続き。21時前についに脱稿! 304枚。今月は長篇二冊、連作の最終話の中篇、短篇集の書き下ろし、四冊分もあったのでかつてないほど書くことに。明日送稿したら、執筆は箱根駅伝が終わるまで久々に一週間休んでほかの作業に専念するつもり。
    入浴後は推敲作業を第五章まで。明日で大きな山を越えられそうだ。

    08:45 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://krany.jugem.jp/trackback/4780

    トラックバック

    ▲top