Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.07.17 Wednesday

ふじくん2歳

0
    今日はふじくんの2歳の誕生日。リコッタ王子を9か月と10日で亡くしたあとに迎えた同じノルウェージャンの男の子だから感慨もひとしお。元気で長生きするにゃ。



    執筆は長篇Aの第九章を六まで。はるか彼方のような気がした締切山脈が徐々に接近、その後ろに次の山脈も見えているから息を抜けない。会計事務所の担当さんに上半期の資料を渡したあと、長篇Bの第五章。
    その後はコンビニで自転車保険を更新。帰宅後に新書Aを再開。新書Bの準備も少し。
    10月6日の川崎港トライアスロンin東扇島にエントリーする。2年連続4回目のホームレース。今年も雨天でなければ家族の応援付きで。もう一つ、11月3日の大磯・照ヶ崎アクアスロンにもエントリー。3年連続3回目のこれまたホームレース。これでランも含めて今年のエントリーはすべて完了。
    夕食は誕生日恒例のオムライス。
    仮眠後の夜は長篇Cの第三章。入浴後は新書Bの準備。





    07:33 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2019.07.16 Tuesday

    第8回明石・時感動アクアスロン遠征

    0
      前日は関西乗りテツの旅。新大阪まではひかりで。車中で長篇Aの第九章を三まで。新大阪から御堂筋線、動物園前で堺筋線に。天下茶屋まで乗って折り返し、未乗だった北浜〜天下茶屋をつぶして大阪メトロを完乗。淡路で阪急に乗り換え、川西能勢口から能勢電鉄に。かなり上っていく。日生中央まで乗って山下に戻り、妙見口まで乗って完乗。ちょうどバスがあったのでケーブルカーの黒川駅まで。妙見の森ケーブルに乗り、ほうぼうにあった難関の関西のケーブルカーを完乗。残るは九州の2か所のみ。下りたら雨が強くなっていたし、いきなり険しい上りなのでケーブルカーだけにして折り返す。川西能勢口まで戻り、宝塚と今津経由で山陽電鉄に。だいぶ前に網干線だけ乗っていた。途中から海側の席に移動。アクアスロンの会場も確認。姫路まで乗って完乗。兵庫県もこれで完乗。予定より早く西明石のホテルにチェックイン。
      常宿ではないため枕などが合わず、夜中に起きて眠れず。これはDNSにして乗りテツの旅だけにしようかとも思ったのだが、なんとか細切れに4時間ほど寝たので出場することに。最寄り駅の朝霧から会場の大蔵海水浴場はすぐ近く、例によって真っ先に受付を済ませ、トランジションもセット。スイムコースは明石海峡大橋の近くでロケーションがいいし、べた凪のコンディション。天候は回復し、日も差してきた。コインロッカーに貴重品などを預け、開会式に出席。500人弱の大会で、兵庫県外からの参加者も多く、なかには遠く関東からの参加者もという主催者のあいさつ。遠路はるばる組になってしまった。終了後は早めにウエットスーツを着る。これはちょっと早すぎて暑かった。10時から試泳。水温は22℃で気持ちいい。スイム500m、ラン5劼裡船織ぅ廚錬欧弔離ΕА璽屬吠けてスタート。しかし、暑さのせいか、先にスタートした緑帽子の選手がBタイプで、黄色帽子のAタイプがさらに二回に分けてスタートするのだとなぜか思いこんでしまう。ビーチスタートで一人取り残されてしまったのでスタッフに「第2ウェーブは?」と訊いたところ、「この黄色帽子が第2ウェーブですよ」と言われ、あわててスタート。長良川ミドルに続いて凡ミスで単独最下位からのスタートになってしまった。初めから追い上げたせいでちょっと心拍に負担がかかっているし、とりあえず何人か抜いたからピッチを落とす。しかし、ここでまたゴーグルが曇ってくる。大きなブイはなんとか見えるが、加減が悪いので立ち泳ぎに切り替え、ブリッジの部分を外さないように慎重に指で拭って視野を確保。折り返せばあとはもう明石海峡大橋に向かって泳ぐだけ。水質は良く、足はつかないのにずっと底が見えていた。フィニッシュして振り向くと、はるか後ろにいくつか黄色帽子が見えたからひと安心。トランジションにもずいぶん人がいた。こちらの段取りはスムーズで、ウエットを脱ぐのに手間取ったり休んだりしている選手をまとめて抜く。ランコースは途中で子午線を越える2.5劼留復。ランの時点で快晴に近くなり気温は30℃に迫る。途中の給水所で水をかぶりながらピッチを出して走る。長良川の35℃に比べたら楽なものだ。なかなか折り返しが来なくてへばりかけたが、折り返したらまた明石海峡大橋に向かって走れるので元気が出てくる。このコースのロケーションは素晴らしい。「軽快なラストスパートです」というMCの声に応え、今回は笑顔でゴール。トランジションランこみでおおよそ27分くらい、抜かれたのは1人だけだったから上出来だろう。バイクがなく、トランジションバッグだけだとこんなに移動が楽かと今回の遠征でつくづく思った。ショートだと参加費が高くないし、トライアスロンは目標を絞ってアクアスロンを増やしていこうかと思う。
      終了後は関西乗りテツの旅の続き。ゆめ咲線を都島まで乗って引き返し、大阪から新大阪へ。ここからおおさか東線に。これで大阪府も完乗。未乗の王寺〜高田をつぶし、桜井で近鉄に乗り換えて伊賀上野に帰省。関西はいよいよ奈良〜桜井だけになった。これは奈良マラソンの前日受付のあとに乗る予定。接続が良く、実家には17時過ぎに到着。両親はそれなりに達者そうだった。次は米寿の祝いだと動機付けをしておく。
      今日は早めに目が覚めたので実家を5時に出て最寄りの茅町駅まで歩く。所要時間は18分。奈良マラソンの当日は始発に乗らないと間に合わないから予行演習になった。仕事を再開。長篇Bの第五章を二の後半まで。続いて、長篇C。新幹線で第三章の四まで終了。
      帰宅後はデータを移植。電子書籍第二期の契約書と親本を送付。
      夕食はにら玉もやし。
      仮眠後の夜は長篇Hの第十八章。新書Aのための資料読み。



      13:02 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2019.07.13 Saturday

      遠征準備完了

      0
        室内用のメガネのつるが折れてしまって修理に出すため、藤沢の放課後デイサービスに付き合う。ちょうど長期支援計画の話があったので、中学の面談の参考になった。あとは授業風景を見ながら長篇Aの第八章。終了後は家族と別れてメガネドラッグへ。溶接できるかどうか業者に出してみないとわからないらしい。最悪はフレームだけ交換になる模様。レンズはまだ二年しか使っていないので問題ない。その後は家族と合流して買い物。
        帰宅後は長篇Aの第八章を完了。残りは約70枚。続いて、第九章のプロットをつくって起稿。さらに、長篇Bの第五章を起稿。電子書籍の荷づくりも完了。発送は遠征後に。
        明石アクアスロンの遠征準備は完了。当日の雨は大丈夫そうだ。今回の遠征では関西の鉄道完乗までマジック1まで追いこむのも目標。なかなか募集が始まらなくて気をもんでいた川崎港トライアスロンは水曜から募集開始のようだ。
        夕食はカレーチャーハン。
        仮眠後の夜は長篇Cの第三章。長篇Hの第十八章。四作品のデータをポメラに移植。その後は長篇Dのプロットづくりに着手。

        13:04 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2019.07.12 Friday

        久々の美容院

        0
          長篇Aの第八章を進める。長篇Bは第四章まで終了。残りは200枚を切った。
          午後はまず駅へ。一昨日、来月の木次線の旅の往路の切符を取ったのだが、スケジュール表が一日ずれていた。その期日変更と、復路の切符を確保。気づいてよかった。やくも20号の指定席が取れたのでひと安心。それから書店で時刻表と新しい日本地図を購入し、スタバで仕事。長篇Cの第三章を進める。15時半から美容院でカット&カラー。端のほうがだいぶ白くなっていたのだが茶髪に復帰。
          帰宅後の夜は長篇Hの第十八章。クレジット関係のレシート整理を完了。

          08:31 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2019.07.11 Thursday

          『慶応えびふらい』本日発売と明石アクアスロン最終調整

          0
            長篇Aの第八章。長篇Bの第四章。
            終了後は田園地帯まで木綿ちゃんで行ってラン練習。今日は明石アクアスロンの最終調整で、ペース走5キロ。5分05秒→5分04秒→5分02秒→4分52秒→4分50秒と少しずつビルドアップして24分58秒。前回のタイムトライアルと同タイムだった。明石は観光を兼ねての参加だが、まあそれなりのタイムで走れれば。
            帰宅後はプロジェクトDをひとまず完了。
            夕食はパスタ。
            仮眠後の夜は長篇Cの第三章。長篇Hの第十八章。入浴後も長篇H。

            『慶応えびふらい 南蛮おたね夢料理(九)』は本日発売です。重ねてよろしくお願いいたします。
            このあとの夏は電子書籍祭りで、紙の書籍はしばらく空いて、10月上旬→10月下旬→11月中旬→12月上旬とまた続きます。











            新刊
            『慶応えびふらい 南蛮おたね夢料理(九)』(光文社時代小説文庫)7月11日
            『親子の十手 小料理のどか屋人情帖26』(二見時代小説文庫)6月26日
            『裏・町奉行闇仕置 鬼面地獄』(コスミック・時代小説文庫)6月7日

            近刊
            アドレナライズより電子書籍第一期10作

            刊行中(2018年下半期〜2019年)

            『肝っ玉千都丸 廻船料理なには屋』(徳間時代小説文庫)5月
            『人情料理わん屋』(実業之日本社文庫)4月
            『永久のゼッケン 〜多摩川ブルーにほほえみを』(出版芸術社)3月
            『八丁堀の忍(二) 大川端の死闘』(講談社時代小説文庫)3月
            『千吉の初恋 小料理のどか屋人情帖25』(二見時代小説文庫)2月
            『ぬりかべ同心判じ控』(幻冬舎時代小説文庫)2月
            『よこはま象山揚げ 南蛮おたね夢料理(八)』(光文社時代小説文庫)1月
            『俳句ねこ』(ホーム社) *共著 12月
            『裏・町奉行闇仕置 死闘一点流』(コスミック・時代小説文庫)12月
            『怖い短歌』(幻冬舎新書)11月
            『涙をふいて 廻船料理なには屋』(徳間文庫)11月
            『風は西から 小料理のどか屋人情帖24』(二見時代小説文庫)10月
            『裏・町奉行闇仕置 黒州裁き』(コスミック・時代小説文庫)10月
            『還ってきた老人から始まる仄暗い百の断片』(惑星と口笛ブックス)8月 *電子書籍
            『八丁堀の忍』(講談社時代小説文庫)8月
            『ゆめかない膳 南蛮おたね夢料理(七)』(光文社時代小説文庫)7月
















            08:09 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2019.07.10 Wednesday

            スイム練習

            0
              長篇Cの第三章を少し書いてから茅ヶ崎市温水プールでスイム。今日は4泳法をしっかり練習する予定。まずクロールは課題の左ストロークをハイエルボーで泳ぐ練習。左ひじを持ち上げたところでいったん止め、ためをつくってから肩甲骨を使ってストロークすることを心がける。これは正解でいい感じで泳げた。10時までは折り返しコースが空いているので100mを2分15秒。オープンウォーターだと右に曲がる癖があるのだが、このフォームで固まれば矯正されるかもしれない。ランと同じく、スピードは出ていないけれども軽くてきれいなフォームを目指したい。
              続いてバタフライ。トライアスロンのスイムをすべてバタフライで泳ぐという案があったのでしばらく長く泳ぐ練習ばかりしていたが、さすがにオープンウォーターでは水を飲む危険性がある。ひとまず断念し、速く泳ぐ練習に切り替えることに。マスターズ水泳の規程によると、15mを越えたら体の一部が必ず水面から出ていなければならないらしい。今日はその点に気をつけて泳ぐ。キックに入る動作を速くしてテンポを出して泳ぐことを心がける。後半はブレスがつらくなってくるため長水路だと厳しいか。1ストローク1ブレスにすれば息はもつのだがかなり減速してしまう。まだまだ課題は多い。
              平泳ぎはピッチを出して、ハーフキックで頭から突っ込みながら泳ぐ練習。いい感じではあったが一度水を飲んだ。第二クールは背泳ぎ。25mの一回目は47ストローク、二回目はかなり伸びて43ストローク。遠くの水をキャッチすることを心がけたら久々にいい内容だった。教室が終わってフリーコースが空いたので各種ドリルのあと、最後に50mクロールを一方通行コースで1分05秒。今日は4泳法ともに収獲があった。
              帰宅後はバスで書いていた長篇Aの第八章のデータを移植して先に仮眠。ただし、あまり眠れず。
              夕食は揚げ物。
              夜は長篇Bの第四章を進めてから長篇Hに付箋を貼りながら推敲する作業。ひとまず完了。それから、遠征の準備。
              入浴後は税務関係の資料の整理。最後にプロジェクトDを進める。

              07:32 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2019.07.09 Tuesday

              バイク練習

              0
                長篇Aの第八章。長篇Bの第四章。
                今日はバイク練習。定番の10キロタイムトライアル。PB更新と21分半切りを目指して初めから突っ込んだのだが、21分台を死守するだけで終わってしまう。長い直線で楽に35キロ出るような風向きでないと厳しいか。まあしかし、コンスタントに21分台が出るようになったからよしとしよう。
                帰宅後は長篇Aに付箋を貼りながら推敲する作業を完了。
                夕食は焼きそば。
                仮眠後の夜は長篇Cの第三章。長篇Dの予定も決まる。新シリーズの準備もあるから忙しい。それから、長篇Hを頭から読み返しながら付箋を貼っていく作業。今日は第五章まで。

                09:19 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2019.07.08 Monday

                電子書籍第一期ゲラ完了

                0
                  長篇Aの第八章。長篇Bの第四章。
                  週末は浜降祭でほうぼうにしめ縄が張られている町を郵便局まで走り、電子書籍第一期10作のゲラをすべて返送。公開が決まったら改めて。
                  買い物から帰宅後は先に仮眠。
                  夕食は梅チャーハン。
                  夜は長篇Cの第二章の推敲をしてから第三章を起稿。各種プリントアウトのあと、長篇Aに付箋を貼りながら頭から読み返す作業。今日は第三章まで。
                  入浴後はレシート整理。それから、長篇Hの第十八章を起稿。



                  09:33 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2019.07.07 Sunday

                  ミーコ姫22歳と茅ヶ崎美術家協会展搬出

                  0
                    今日は秘書猫ミーコ姫の22回目の誕生日。おめでとにゃ。




                    長篇Aの第八章。長篇Bの第四章。長篇Cは第二章まで完了。
                    家族で茅ヶ崎美術家協会展の最終日へ行ってから絵の搬出の予定だったのだが、奥さんが風邪発熱のため一人で運ぶことに。しかし、今日はあいにくの強風で、F50の絵を入れたバッグがしばしばあおられてまともに歩けない。人やガラスなどにぶつけたら大変なのでタクシーで帰宅。南口から乗ったため出費になってしまった。
                    夕食はうどん。
                    仮眠後の夜はゲラ。つくばマラソンの第0関門突破とほぼ同時に完了。



                    09:14 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2019.07.06 Saturday

                    茅ヶ崎Swim&Run

                    0
                      朝からサザンビーチへ。前回申し込んだときは高波で中止だった茅ヶ崎Swim&Runに久々に参加する。ちょうど今日から海開き。ロープが張られているから、このほうがずっと安心。早めに着いたので仕事。長篇Aの第八章のプロットをつくって起稿。さらに、長篇Cの第二章。
                      9時前からスイムスタート。波が穏やかで、途中から若干うねりが出た程度。猛者には物足りなかっただろうが、私にはちょうどいい条件だった。25分でいったん浜へ上がり、後半戦に入る。私だけ時計をしていないため、早めに浜へ向かって待つ。主宰の大塚さんがきれいなハイエルボーで泳いでいたので、後半はハイエルボーに注意して泳ぐ。ただし持続せず。足が浮きすぎてキックもいま一つ。次はもっと強く打たなければ。もう少し長く泳ぐつもりだったのだが、みんな浜に上がっていたのであわてて私も向かって終了。海開き直前のきれいな海を泳げたので満足。
                      10時15分からラン。制限時間2時間だが、今日は初めから江ノ島水族館折り返しの15キロの予定。いつものように行きは国道で帰りは海沿い。途中でエールを交換したHさんは76歳のはずだがむちゃくちゃ元気。目標1時間40分以内のところ、往路は抑えすぎて52分かかったのでどうかと思ったが、ラスト2キロから上げてなんとか1時間38分台でゴール。距離はジャスト15キロだった。海開きのゲートのところで記念撮影をして解散。天候もあってさほど人出はなく、バンドなども出ておらず寂しい海開きだった。コミュニティバスをわずかに乗り逃し、駅まで歩いて昼食後に帰宅。すでに案内が来ている来週の時感動・明石アクアスロンは500m+5キロ。今日はそれぞれ三倍の距離の練習ができたから、あとはラン5キロを入れておけば万全のはず。
                      帰宅後は先に仮眠。
                      夕食は焼きそば。
                      夜はデータを移植してからゲラ。いま一つ調子出ず。
                      入浴後は長篇Hの第十八章のプロットづくり。

                      14:25 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      ▲top