Weird World 3

倉阪鬼一郎の怪しい世界

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.10.19 Thursday

『廻船料理なには屋』初校ゲラ到着

0
    長篇Cが第八章まで終了、第九章に入る。200枚に到達。富山マラソンの遠征中には脱稿しなければ。来週はスーパー銭湯のおこもりも予定。
    『廻船料理なには屋 サブタイトル未定』(徳間文庫12月刊)の初校ゲラが届きました。のどか屋、夢屋など、江戸のすかいらーくグループ・倉阪鬼一郎の料理人情もの時代小説に新たに「廻船料理なには屋」が加わります。菱垣廻船などを調べ、江戸と大坂の両方を舞台にした面白い設定をつくることができました。ご期待いただければ幸いです。
    これで今年は年17冊刊行で確定。来年も15冊くらいになりそうだし、トライアスロンのミドルからロングへと進むには効率のいいトレーニング時間の捻出が大きな課題。オフにはプールでウエットスーツが着用できるスポーツジムに通うことも検討中。
    買い物から帰宅後は明日の調べ物の準備。
    夕食はパスタと焼きそば。
    夜は仮眠なしでゲラの疑問点解決作業。すぐ解決できないところには付箋を貼る。疑問点は順調に解決できたのであとは読むだけ。これなら締切より早く戻せるだろう。
    その後は執筆に戻り、連作Aを進める。
    入浴後は油絵。緑の粗塗りがひとまず終了。それから、作品Jと長篇Rを少し。


    新刊
    『鉄道探偵団 まぼろしの踊り子号』(講談社ノベルス)10月5日

    近刊
    『あっぱれ街道 小料理のどか屋人情帖21』(二見時代小説文庫)10月26日
    『廻船料理なには屋』(徳間文庫)12月上旬

    刊行中(2017年)

    『聖剣裁き 浅草三十八文見世裏帳簿』(コスミック時代小説文庫)9月7日
    『諸国を駆けろ 若さま大団円』(徳間文庫)8月3日
    『桑の実が熟れる頃 南蛮おたね夢料理(五)』(光文社文庫)7月11日
    『きずな酒 小料理のどか屋人情帖20』(二見時代小説文庫)6月26日
    『からくり亭の推[お]し理[ことわり]』(幻冬舎時代小説文庫)6月9日
    『開運十社巡り 大江戸秘脚便』(講談社文庫)5月16日
    『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』(宝島社文庫)5月9日
    『料理まんだら 大江戸隠密おもかげ堂』(実業之日本社文庫)4月5日
    『クトゥルー短篇集 魔界への入口』(創土社、クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)3月30日
    『京なさけ 小料理のどか屋人情帖19』(二見時代小説文庫)2月25日
    『世界の終わり/始まり』(書肆侃侃房・現代歌人シリーズ)2月14日
    『猫俳句パラダイス』(幻冬舎新書)1月28日
    『花たまご情話 南蛮おたね夢料理(四)』(光文社文庫)1月11日


    『生きる人 品川しみづや影絵巻完結篇』(言い値書店)3月




    08:02 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2017.10.18 Wednesday

    スイム練習

    0
      長篇Cの第八章を進める。
      車中でもポメラで進め、長後経由で高座施設組合温水プール。前半はウエットスイム。陸上スイムで気になったのは左の切り返しが遅いこと。もう少し左のフィニッシュ動作を速くすることを試みる。このプールは正面に時計があるので、25mを25秒くらいで泳ぎ、フォームに気をつけてゆっくり戻る練習を反復。だんだんいい感じになってきたのだが、トイレに行きたくなり1100mで打ち切ってウエットを脱ぐ。ウエットスイムの後に水着で泳ぐといい感じで泳げることが多いのだが、今日もそうだった。右はたたきつけるピッチング泳法ではなく、郵便ポストに手紙を投函するレターズハンドのほうが左の速い切り返しには合う。左右ともにスケーティングのようなローリングを入れ、体重を前へかけるようにしたところ、25mを何度か32秒くらいで泳げた。単純に計算したら100m約2分10秒ペースだから、私としては非常に速い。このフォームはウエットにも合うから、あとは左のキックが入れば。今日の感じを忘れないようにしたいところだが、次はころっと忘れていたりする。その後はバタフライ。ドリルを繰り返してから25m。目標は40秒だったのだが、38秒くらいで泳げた。こちらも収穫はあった。まだ脚に少しダメージがあるため、平泳ぎと背泳ぎは封印。
      明日急ぎのゲラが来るため、『決戦、武甲山』のゲラを進める。今日は第五章まで。ひとまずここまで追い込んでおけば。

      07:47 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2017.10.17 Tuesday

      ふじくん三か月と七冠復帰

      0

        ふじくんは今日で三か月。人間なら幼稚園の年長さんくらいの年頃で元気いっぱい。

        仕事は長篇Cが第八章に入る。
        午後は第七章まで付箋を貼りながら読み返す作業。いきなり季節が半年飛んでしまっていてあわてて修正。ここで読み返して良かった。全体を十一章仕立てに変更。
        名人戦第五局は井山六冠が勝ってついに七冠復帰。ひたすら凄い。前半にあれだけ石を取られたら、私なら投げたかも。あれで打てるという判断が凄いわ。脱帽。
        二日目のカレーにはチャツネとゆで玉子を追加。
        仮眠後の夜は連作A。きりのいいところまで書き、連作Bの構想に手を入れる。アンソロジーBは優先順位が後になったため、当面はアンソロジーAに専念することに。それから、長篇R。
        入浴後は油絵。今日も緑を塗る。さらに、ゲラ読みを第一章だけ。

        07:57 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2017.10.16 Monday

        藤原定家と夢野久作

        0
          午前中は長篇Cの第七章を進める。仕事のメールを三通。
          午後は第七章を終了。その後のプロットを練り直す。短い章が多いため十二章仕立てに。残り150枚は切ったが、そろそろピッチを上げなければ。
          終了後は昨日どろどろになった二足のシューズを洗う。
          夕食は今日からカレー。
          仮眠後の夜は連作A。長篇Rを少し進めてからゲラの疑問点解決作業を完了。もう一冊急ぎのゲラが来るだろうし、長篇Cの前半を読み返す作業もあるので兼ね合いを見ながら。
          入浴後は油絵。緑系の粗塗りを途中まで。それから作品J。
          上下巻の『藤原定家全歌集』(ちくま学芸文庫)が届く。これと『夢野久作全集3』(ちくま文庫)の「猟奇歌」までチェックしたらアンソロジーAの本文執筆に入る予定。漢字四文字というだけでべつに似てませんが。

          07:41 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2017.10.15 Sunday

          第46回タートルマラソンと怖い絵展

          0
            朝はかなり降っていたのだが、予定どおりタートルマラソンへ。北千住から会場へ向かうときに失敗に気づく。予想より雨量が多いから、ポンチョを持ってくるべきだった。会場で東北・みやぎ復興マラソンのTシャツを着たランナーを見かけたけれども、まあ雨がタートルで良かった。復興マラソンの会場がこの雨だったら大変な第一回大会になっていたかもしれない。ここは鉄橋の下などでそれなりにしのげるのだが、とにかく寒い雨天は苦手。ハーフは9時半にスタート、河川敷の雨天とあって仮装ランナーはほとんどいない。白鳥への声援に応えながら、徐々にピッチを上げて5キロ地点へ。体感ではもっとスピードが出ていると思ったのだが、30分ジャスト。キロ6分でもこんなに大変とは。ここからビルドアップして2時間を切る組み立てで、7キロから9キロまでキロ5分のペースに上がって行けると思ったのだが、これは距離表示がいい加減だっただけで、10キロまでは28分25秒。すっかり落胆して次の1キロはまたキロ6分ペースに。雨に濡れて寒いのに加えて、目が悪いから水たまりを避けられず足がびしょ濡れ。ランパンにしたから脚も寒くてちっとも動かない。15キロまでは31分半かかってしまい、何の目標もなくなる。ラストに上げることもできず、2時間どころか2時間10分すら切れなかった。苦手の雨天で仮装ランとはいえ、練習不足と力の衰えを痛感したレースだった。まあしかし、レースを使いながら調子を上げていくタイプなので、徐々に上げていければと思う。
            着替えてからかなり並んで参加賞のTシャツを受け取る。それから、上野の森美術館の怖い絵展へ行ったら、入場まで70分待ち。今日はよく並んだ。中も激混み。神話に材を採った序盤は好みじゃないので全部飛ばし、空いていそうなところだけ観る。画家の心の闇を絵の具に溶かして塗りたくったような、実存的な暗さを感じさせる怖い絵が好みにつき、神話などに基づく絵は一般受けはするかもしれないけれど、意味過剰、物語過剰で私にはまったくつまらない。ハンマースホイやスピリアールトなどのように欠落しているほうがよほど怖いと思うのだが。とはいえ、セザンヌ「殺人」、ムンク「マドンナ」「森へ」、シッカート「切り裂きジャックの寝室」(構図がハンマースホイと一脈通じる)といったところをじっくり観られたのは収穫だった。あとは図録で。
            来月は練馬の麻田浩展へ行かなければ。こちらはゆっくり観られそう。
            疲れたので執筆はお休み(行きのグリーン車で長篇Cの第七章)、資料読みに専念。
            入浴後は油絵。茶と赤を粗塗り。

            19:59 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2017.10.14 Saturday

            ふじくん一週間と期日前投票と鉄道最前線

            0
              一週間経ってゆきちゃんはすっかり元どおりになった。よかったにゃ。しかし、子猫を含む四匹いると、一人でえさをあげるのは結構大変。神棚と仏壇もあるし。
              箱根駅伝の予選会を生中継で観る。明治はエースの欠場とサブエースの転倒棄権でまさかの予選落ち。東国大は留学生が不発だったのに終盤に上げる組み立てが光った。東大の近藤君が60分切りの快走。学連選抜の二区でもいいと思う。
              仕事は長篇Cの第七章。
              一日フライングしてしまった期日前投票へ仕切り直しで。もとは保守系アナキストと自称していたのだが最近はわりとリベラル(本質は同じか)、にもかかわらず比例の投票先は共産党しかないのかと嘆いていたら立憲民主党ができたので迷わず。選挙区は河野外相のお膝元だし、今回は迷うところはなかった。安倍だけは勘弁してもらいたいけれど、リベラルなら自民党でもOKなので。
              明日のタートルマラソンの準備が完了。寒そうなのでアームカバーも。かぶりものを除けば月末の富山と同じウエアで、まあ2時間を切れれば。
              夕食は久々に昆布と鰹節から味噌汁のだしを引く。メインは蒸し物。煮物もつくったので品数が多くなった。
              仮眠後の夜は連作A、長篇R。ゲラの疑問点解決作業を第七章まで。

              今日は鉄道の日ということで、東洋経済オンラインの鉄道最前線で『鉄道探偵団』も紹介していただきました↓
              http://toyokeizai.net/articles/-/192459

              08:04 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2017.10.13 Friday

              ふじくん六日目

              0
                朝はゆきちゃんが普通にえさを食べに下りてきた。少しずつ慣れてきている。ふじくんは昨日キャットタワーに初登頂、元気いっぱい。
                長篇Cが第六章まで終了、第七章に入る。
                投票日は遊園地の予定につき奥さん期日前投票に行ったのだが、一日フライングでまだ準備中。やむなく買い物をして帰宅後は、二台のバイクにチェーンディグリーザーをかけて注油。
                夕食は寒いのでうどん。
                ゆきちゃんは普通に夕食に下りてきて一階でえさを食べた。まだ子猫を警戒はしているが、この分なら大丈夫。
                仮眠後の夜は連作A、長篇R。それから、ゲラの疑問点解決作業を第二章まで。
                入浴後は油絵。今日もひたすら青を塗る。その後はアンソロジーBと作品J。

                07:56 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2017.10.12 Thursday

                『決戦、武甲山 大江戸秘脚便』初校ゲラ到着とふじくん五日目

                0

                  ふじくん五日目。ゆきちゃんを書斎や一階にもつれていき、ふじくんの臭いに慣れさせる練習。十日くらい声がかすれていた去年のリコッタのときよりはいい。
                  長篇Cの第六章を進めてから河津フラワートライアスロンの帰りの切符を確保。窓際は娘に譲ることに。スタバで仕事をし、買い物をしてから帰宅。帰宅後はアンソロジーA。歌人の席はほぼ埋まってきた。
                  『決戦、武甲山 大江戸秘脚便』(講談社文庫・1月中旬刊行予定)の初校ゲラが届きました。「大江戸秘脚便」シリーズはこの第四巻でフィナーレを迎えます。最終巻は伝奇活劇の盛り上がりで、鳴り物の多いにぎやかな四楽章仕立ての交響楽のような仕上がりになりました。ご期待いただければ幸いです。なお、この作品は早めに始動していますが、あと二冊先に出る予定です。
                  夕食はカレーチャーハン。
                  夜は連作Aと長篇Rを進めたあと、ゲラをめくって付箋を貼る作業。それから、タートルマラソンの準備。
                  入浴後は油絵。今日も青を塗る。それから、アンソロジーBと作品J。

                  09:18 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2017.10.11 Wednesday

                  ふじくん四日目と秋休み最終日

                  0
                    朝はゆきちゃんが一階に下りてきてケージでごはん。まだ威嚇はするが、リコッタの時よりずいぶん早い。こむぎちゃんは慣れたようで、ゆうべは同じエサ皿に顔を突っ込んで食べていた。
                    河津フラワートライアスロンの行きの切符を取りにいく。自転車があるから、踊り子の後部座席をキープ。輪行のトライアスロンは行って帰るのもひと苦労なのだが、今回は家族旅行も兼ねているから娘のお守りもしなければならない。
                    その娘は今日まで秋休み。子猫が来たばかりにつき遊園地の予定を延期したので、せめて最終日くらいはと希望を聞いて温水プールに出かける。娘は遊ぶばっかりで泳ぎを教わる気がないため奥さんにまかせ、勝手に練習。今日は人が多く、第一クールはまともに長く泳げず。50m1分07秒だからまずまず。股関節を使って左キックを打つ練習など。第二クールは往復コースが空いたので、1500m42分くらいに設定して泳ぐ。途中まで前にちょうどいい目標のスイマーがいた。このコースは隣がウォーキングコースで少し流れがあり、行きは向かい潮、帰りは追い潮のイメージで泳げる。途中からやる気が出てきてピッチング泳法に切り替え、なんとか粘って40分を少しだけ切る。まずまずの内容。最後に、折り返しコースで50mバタフライ。前半はいい感じだったのだが、後半息切れしてブレスが増え、1分33秒と目標の1分半を切れず。
                    ファミレスで食事をして帰宅。
                    仕事は長篇Cが第六章に入る。仮眠後の夜は連作A、長篇R、アンソロジーA。
                    入浴後は油絵。一回目の青をざっと塗る。地塗りにサンドを混ぜたのはいい感じ。それから、アンソロジーBと作品Jを少し。両アンソロジーはまだまだ助走中。
                    将棋の王座戦第四局は挑戦者の中村六段が勝ち、初タイトルを奪取。若手らしい果敢な攻めが光った。羽生棋聖は一冠に後退したが、竜王戦でぜひとも悪渡辺をたたきのめして二冠に復帰してもらいたいものだ。囲碁の天元戦は井山七冠が先勝。

                    09:07 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2017.10.10 Tuesday

                    ふじくん三日目

                    0
                      夜中におなかがすいた様子だったのでごはんをあげたところ、こむぎちゃんも来て同じエサ皿から食べた。まだ威嚇はするが、今日も距離が格段に近づいた。ここまで来ればもうあと一歩。
                      仕事は長篇Cの第五章まで終了。残りは200枚を切った。
                      終了後はコスモスがきれいな田園地帯でバイク練習。いつものBコースは稲の収穫の作業車が停まっていて使えなかったため、ブリック練習で使う小回り500mのCコースを使用。すぐカーブが来るから、30キロまでスピードを出せないくらい。苦手な右回りと左回りを10周ずつ走り、タイム差を比較してみる。1周につき5秒も違うことが判明。同じようにひじを下げてバイクを傾けているつもりなのだが、苦手な右カーブだと体重がうまく移動できていないようだ。右目が見えないので限度はあるのだが、次の河津も苦手な右Uターンがあるため、終了後はそればかり練習。今年の大井川港でももたもたしていたら「後ろ来てますよ」と注意された。練習すれば多少はましになるだろう。
                      夕食はほうれん草などのGBS炒め。こむぎちゃんはさらに接近し、ついに鼻チュウに。予想より早かった。あとはゆきちゃんのみだが、一階にはたまに下りてくるから大丈夫だろう。
                      仮眠後の夜は連作A。長篇Rの加筆改稿作業が23章まで終了。
                      入浴後は油絵。50号の大作の色塗りに着手。まずはよく使う青みがかった灰色から。それから、アンソロジーB、アンソロジーA、作品Jの順。

                      08:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      ▲top